独学で弁護士にはなれるが、現実はそんなに甘いものではない

 


ここでいう独学とは、予備校に通わないという意味だけでなく、法科大学院での授業を含まないという前提で見ていきましょう。

単に予備校に通わないことだけを独学というのであれば、現実に予備校へ通わずに多くの法科大学院修了者が弁護士資格を得ているため、それほどめずらしいことではありません。

よって、今回は本当の意味での独学だけで弁護士資格を得ることができるのか?について考えてみたいと思います。

司法試験は独学で合格できない試験ではないが・・・

弁護士になるためには司法試験に合格しなければなりませんが、司法試験は独学だけで合格できないか?と言われればそんなことはありません。

特別な知識と技術が求められる医師といった資格は、医学生を経由していない一般人が資格を得ることはできませんが、司法試験に関して言えば法科大学院生でなければならない理由は1つもありません。

ただし、法科大学院に通わない独学者が司法試験に合格するためには、まず司法試験予備試験に合格しなければなりません。

この司法試験予備試験は非常に難しい試験となっていて、合格率が3%台となることもめずらしくはなく、合格までの道のりはかなり険しくなっています。

また、弁護士になるためには、ここからさらに司法試験にも合格しなければならないという2段構えです。

この2段構えの試験に対して、独学のみでモチベーションの維持をするというのはかなり困難であると言えます。途中で投げ出す方のほうが多いのが実情です。

現実の司法試験は甘いものではない

独学で司法試験に受かる
とはいっても、現実には独学だけで弁護士になったという方もいらっしゃいます。

ただ、数年間パラリーガルをやっている私でも聞いたことがほとんどないため、やはり独学だけで弁護士になっている方というのはかなり少ないのでしょう。

個人的にではありますが、独学にこだわって予備試験、そして本試験である司法試験の合格を目指すよりも、素直に予備校に通うなどしたほうがはるかに効率よく合格を目指せるのではないかと感じています。

また、ネット上で法律の初学者が独学のみで司法試験に合格することができるのか?といった質問をよく見かけますが、本当に合格したいと考えているのであれば独学だけで試験を受けようとは考えないのではないでしょうか?

もちろん、予備校に通えない事情があってという方も中にはいらっしゃるとは思いますが、そういった環境で弁護士を志すのはちょっと司法試験を甘く見ているのではないかな?と感じてしまいます。

司法試験は国家試験の中で上位の難易度

それでも弁護士の数はどんどん増えていっているのだから、以前よりは可能性があるのでは?といった考えはもっともです。

しかし、旧司法試験ほどでないにせよ、司法試験は現在ある国家試験の中でも1、2を争う難易度にあるとの評価もされています。

試験レベルが下がり、合格しやすくなったとも言われていますが、それでも司法試験は司法試験です。簡単に合格できるわけがありません。

できるだけ独学で弁護士になりたいと考えている方も世の中には多くいらっしゃるかもしれませんが、それではいつまでたっても現実に弁護士になることができない可能性の方が高いです。

個人的にではありますが、本当に弁護士になりたいのであれば、独学にこだわることなく法科大学院を修了し、司法試験へと臨んだ方が良いのではないかと考えています。

とはいえ、努力に勝る天才なしという言葉もあるくらいですから、努力を積み重ねていれば独学でも弁護士になれる方はいるのでしょう。

まだ弁護士費用が心配ですか?
  • 交通事故
  • 労働問題
  • 近隣問題
  • 遺産相続
  • 離婚問題
  • 男女問題
  • 詐欺被害
  • 傷害事故

弁護士費用が心配なら、弁護士費用保険。
トラブル時の弁護士費用を通算1000万円まで補償。


The following two tabs change content below.
永瀬 優(パラリーガル)

永瀬 優(パラリーガル)

1986年生まれ。高校卒業後、東洋大学法学部法律学科へと進学し、2011年からパラリーガルとして法律事務所に勤務開始。法律事務所という環境化での経験を活かし、債務整理や離婚、相続といった法律関連の文章を得意としている。 たくさんの人に法律を身近に感じてもらいたい、誰もが気軽に法律を知る機会を増やしたい、という思いから本業の合間を縫う形で執筆活動を開始した。 現在もパラリーガルを続ける中、ライティングオフィス「シーラカンストークス」に所属するwebライター。著書に「現役パラリーガルが教える!無料法律相談のすすめ。お金をかけず弁護士に相談する方法と良い弁護士・良い事務所の探し方。」がある。
この記事のURLとタイトルをコピーする

いいね!を押して更新情報を受け取る

ページ上部へ戻る