パラリーガルが教える良い弁護士と悪徳弁護士の見分け方・選び方

 

パラリーガルが教える良い弁護士と悪徳弁護士の見分け方・選び方

良い弁護士と悪徳弁護士の見分け方はあるのでしょうか?

どうせ同じような費用を支払って依頼するのであれば、良い弁護士に依頼をしたほうが良いに決まっています。

しかし、現実に一般の方が悪徳弁護士を見分けるというのは非常に困難と言えるでしょう。

とはいえ、良い弁護士を見分けるためのコツも多少はありますので、今回はそのコツについて(私見も入りますが)ご紹介しましょう。

弁護士の懲戒処分の記録を調べる

弁護士というのは、業務停止といった懲戒処分をされていた場合、原則として、すべて一般に公開されることになっています。

インターネット上には、弁護士の懲戒を調べるサービスを行っているところもありますので、そういったサイトを利用して、過去の懲戒処分の記録を調べてみるというのも良い方法です。

弁護士懲戒処分検索センター

相談を検討している弁護士がいるのであれば、まずは過去の懲戒処分がないかどうかを調べてみるようにしましょう。

ただし、過去に懲戒処分をされていたからといって、必ずしも悪徳弁護士であるとは限りません。

依頼者に対して必死になるあまり、懲戒事由を犯してしまった弁護士もいます。

相手からすれば悪徳弁護士であるかもしれませんが、依頼者からすれば心強い弁護士であることは間違いありませんので、ここの情報だけを鵜呑みにはしないようにしましょう。

相談の際は弁護士の受け答えに注目

依頼者の相談にのる弁護士

弁護士に依頼をする前に無料相談をするというのは、もはや当たり前の世の中になりました。

無料での法律相談を行っている窓口は数多くあるため、依頼を検討する材料として無料法律相談を利用しつつ、良い弁護士を探すといったことも可能となっています。

そこで、相談の際は弁護士の受け答えに注目しましょう。

本当に良い弁護士というのは、依頼者の疑問にはその都度答えてくれる傾向があります。

もちろん、なんでもかんでも質問したり、質問するだけして理解をしようとしないような場合、さすがに煙たがられることもあるといえますが、良い弁護士は説明に時間を惜しみません。

あまり説明に時間を割きたくない弁護士の場合、悪徳とまでは言いませんが、依頼後も親身になって対応してくれない可能性があります。

弁護士にとっては当たり前の大した法律問題でなかったとしても、知識のない依頼者からすれば大問題です。

そういった依頼者のメンタル的な部分を考慮できない弁護士に依頼をするのは、正直あまりおすすめできません。

また、「大丈夫だから。任せておけばなんの問題もないから。」といったように、ろくに説明もせずに安心感ばかり押し通してくる弁護士もやめておきましょう。

根拠のない安心ではなく、根拠のある安心をしっかり提示してくれる弁護士に依頼をしてください。

事務所と事務員の対応に注目

弁護士事務所の事務員

また、相談に伺う際は事務所の雰囲気にも注目してみましょう。

明るい雰囲気のある事務所は、弁護士も気さくで接しやすいことが多いと言えます。

また、事務員の対応を見ても、やはりきちんとした事務所はそれなりの対応力をもっています。

ここからは少し私見が入ってしまうのですが、いくら電話をしても弁護士に繋がらない、折り返してもくれない、相談にいっても対応するのは弁護士ではなく事務員、といった事務所はやめたほうが良いかもしれません。

というのも、弁護士は確かに忙しい職業です。すべての依頼者に耳を傾けていたら身が持ちません。

しかし、何度も電話をしているにも関わらず折り返しの電話すらこなければ、信用を失ってしまうのも当然。

他の依頼者に対しても同じような対応をしている可能性が強いです。

また、相談に事務員が同席したり、簡単な聴取を担当したりすることがあっても、最初から事務員に対応させる弁護士は業務怠慢といっても過言ではありません。

そういった対応をしている弁護士は、可能な限り避けるようにしましょう。

費用が曖昧でよくわからない場合は注意

弁護士費用の見積もり

また、費用の説明が曖昧でよくわからない事務所も避けた方が良いです。

確かに、実際に事件に着手してみないことには、最終的な費用の確定はできませんが、ある程度の説明はできるはずです。

事件がこうなった場合の費用はこの程度といった、詳しい説明をしてくれない弁護士は、後から想定していなかった費用を請求してくることもあります。必ず相談をする前に、費用については詳しく確認をするようにしましょう。

また、契約時にしっかりと書面を交わさない弁護士にも注意が必要です。

特に、委任状は書いたけど費用についての契約書は交わしていないといった場合、こちらも後になってから多額の費用請求をされる可能性がありますので、十分に注意してください。

※関連ページ→「弁護士費用の相場と着手金が高額になる理由

弁護士は自分の判断で決めましょう

現在、弁護士の数は飽和状態とも言えるほどたくさんいます。

この弁護士がダメでも、あの弁護士がいるじゃないかと言えるほどです。

よって、法律相談は何度もじっくりと行い、本当に信頼できると確信した弁護士に依頼をするようにしましょう。

少しでも合わないなと感じた弁護士に依頼をする必要はありません。しっかりと自分の目で判断することが大事です。

また、依頼後であっても少しでもおかしいなと感じれば、他の弁護士に相談してみるという方法もあります。

無料相談を行っている窓口は数多くありますので、可能な限り利用するくらいの気持ちでちょうど良いと言えるでしょう。

まだ弁護士費用が心配ですか?
  • 交通事故
  • 労働問題
  • 近隣問題
  • 遺産相続
  • 離婚問題
  • 男女問題
  • 詐欺被害
  • 傷害事故

弁護士費用が心配なら、弁護士費用保険。
トラブル時の弁護士費用を通算1000万円まで補償。


The following two tabs change content below.
永瀬 優(パラリーガル)

永瀬 優(パラリーガル)

1986年生まれ。高校卒業後、東洋大学法学部法律学科へと進学し、2011年からパラリーガルとして法律事務所に勤務開始。法律事務所という環境化での経験を活かし、債務整理や離婚、相続といった法律関連の文章を得意としている。 たくさんの人に法律を身近に感じてもらいたい、誰もが気軽に法律を知る機会を増やしたい、という思いから本業の合間を縫う形で執筆活動を開始した。 現在もパラリーガルを続ける中、ライティングオフィス「シーラカンストークス」に所属するwebライター。著書に「現役パラリーガルが教える!無料法律相談のすすめ。お金をかけず弁護士に相談する方法と良い弁護士・良い事務所の探し方。」がある。
この記事のURLとタイトルをコピーする

いいね!を押して更新情報を受け取る

ページ上部へ戻る