弁護士へのお礼。お礼状やメール、お菓子以外にも色々あります

 

弁護士へのお礼。お礼状やメール、お菓子以外にも色々あります

弁護士へのお礼はどうすればいいのか?こんなことが気になる方もたくさんいらっしゃるのではないでしょうか?

しかし、法律事務所に勤めている私の身からすれば、そこまで気を使っていただかなくても・・・という思いが強いです。

とはいえ、それでもお礼を贈りたいと言う方がいらっしゃるのも事実。

では、弁護士に対してはどういったお礼をすれば良いのでしょうか?

今回は、弁護士へのお礼についてご紹介していこうと思います。

メールやお礼状の内容について

弁護士にメールでお礼

メールやお礼状などで感謝の気持ちを伝えてくれる方もいらっしゃいます。

内容としては、形式的なものから多少くだけたものまで様々です。

要は、感謝の気持ちを伝えれば良いだけなので、特に内容については気にされることもないと思います。

またお電話をいただけるだけでも弁護士としては嬉しいはずなので、メールやお礼状ではなく、言葉で直接気持ちを伝えてみるのもいかがでしょう?

よく贈られてくるお菓子について

弁護士にお菓子のお礼

また、メールやお礼状にそえて、お菓子など贈ってくれる方もいらっしゃいます。

よくある贈り物としては、お煎餅やクッキー、ゼリーやプリンといったところでしょうか。

こうしていただいたお品の行方についてですが、弁護士がそのまま持ち帰ることもありますし、事務所の休憩時間などに弁護士・事務局含めた全員でいただくこともあります。

少なくとも私の事務所ではいただいたお品を無下に扱うようなことはありません。

「これはどなたにいただいたんです?」「○○さんだよ」「○○さんかー」などと会話をしつつ、お顔を思い浮かべながらおいしくいただいています。

相談後、解決後にいただくお礼について

相談後、というか相談時とも言えますが、相談のたびにわざわざお礼の品を持ってきてくれる方もいらっしゃいます。

正直、相談の度にお礼を持ってくることもないとは思っていますが、律儀な方は毎回のように持ってきてくれることもあります。

また、問題解決後、改めて事務所にお越しいただき、感謝の言葉と共にお礼の品を持ってきてくださることもありますし、

それだけに止まらず、毎年のようにお歳暮やお中元を贈ってくれる方もいらっしゃいます。

こちらが逆に申し訳ないくらいです。

弁護士はどう思うのか?

では、このように、相談者や依頼者の方からいただくお礼について弁護士はどう思っているのでしょう?

当然といえば当然ですが、贈り物をもらって悪い気がする弁護士はいないでしょうし、感謝の気持ちは十分すぎるほど伝わっていると言えます。

また、毎年のようにお礼をくださる方は、弁護士からすれば「元気でやっているのだろうな」と感じることになるでしょう。

法律問題の解決後も変わらずにお礼が届いているということは、その後も順調であると解釈することができます。

お礼が届いているうちは安心というのもおかしな話ですが、毎年届くお歳暮やお中元にはそういった意味合いもあるのだと個人的には感じています。

当事務所であっためずらしいお礼

wa5646

こんなものまで?といっためずらしいお礼は、私の経験上もいくつかありました。

たとえば、某遊園地の入園券やミュージカルの入場券といったものです。

自社製品をお持ちになる方はたくさんいらっしゃるのですが、チケットというのはかなりめずらしかったのでよく覚えています。

なお、枚数が限られていたため、その後、事務所内で争奪戦になったのは言うまでもありません。

その他にも、道端で摘んできたお花をお礼にくださった方もいらっしゃいました。

一見するとふざけていると思う方もいらっしゃるかもしれませんが、その方は少し変わった感性をお持ちだったことと、満面の笑顔でお持ちになったため、感謝しているという気持ちは十分すぎるほどに伝わってきたのをよく覚えています。

国選弁護人にお礼の品は不要

弁護士へのお礼について1点注意があります。

弁護士にお礼の品を贈って、受け取りを拒否されることはまずありませんが、国選弁護人の場合には注意が必要です。

原則、国選弁護人は被告人やその家族からお礼の品を受け取ることを禁止しています。

あまり細かいことまで気にせず、快く受け取ってくれる弁護士もいるかもしれませんが、現実には受け取ってもらえないことも多く、お互いにとって気まずい空気が漂ってしまう可能性があるため、国選弁護人にお礼の品は不要と覚えておきましょう。

まだ弁護士費用が心配ですか?
  • 交通事故
  • 労働問題
  • 近隣問題
  • 遺産相続
  • 離婚問題
  • 男女問題
  • 詐欺被害
  • 傷害事故

弁護士費用が心配なら、弁護士費用保険。
トラブル時の弁護士費用を通算1000万円まで補償。

The following two tabs change content below.
永瀬 優(パラリーガル)

永瀬 優(パラリーガル)

1986年生まれ。高校卒業後、東洋大学法学部法律学科へと進学し、2011年からパラリーガルとして法律事務所に勤務開始。法律事務所という環境化での経験を活かし、債務整理や離婚、相続といった法律関連の文章を得意としている。 たくさんの人に法律を身近に感じてもらいたい、誰もが気軽に法律を知る機会を増やしたい、という思いから本業の合間を縫う形で執筆活動を開始した。 現在もパラリーガルを続ける中、ライティングオフィス「シーラカンストークス」に所属するwebライター。著書に「現役パラリーガルが教える!無料法律相談のすすめ。お金をかけず弁護士に相談する方法と良い弁護士・良い事務所の探し方。」がある。
この記事のURLとタイトルをコピーする

いいね!を押して更新情報を受け取る

最近の投稿

ページ上部へ戻る