モラハラ夫と離婚したい!慰謝料の相場や弁護士費用はどのぐらい?

 

なにをするにも夫からバカにされてしまう、暴言をはかれる・・・。

こんな結婚生活は耐えられない!ストレスの限界!こんな夫とは離婚したい!

でも離婚を切り出すのは怖い・・・。

このような悩みをお持ちの方、たくさんいらっしゃるのではないでしょうか?

現実に、モラハラを理由とする離婚というのは数多く見受けられています。

では、モラハラ夫と離婚をしたい場合、どのように離婚を切り出せば良いのでしょうか?

また、弁護士費用、慰謝料が発生する場合の相場はどの程度になるのでしょう?

今回は、モラハラに悩む方の不安を少しでも解消させるべく、上記したことについて詳しくご説明していきます。

そもそもモラハラとは?

そもそもモラハラとはどういうことを言うのでしょうか?自分自身も当てはまってはいませんか?

下記を読んでよく検討してみてください。

モラハラとは、一言でまとめるのであれば「精神的な暴力」のことを言います。

具体的に言えば、理由もないのに無視をする、わざと大きな物音を立てる、家事や育児に不備があれば一方的に責め立てる、といった行為が該当しています。

また、常に自分を正当化し、相手を否定することからも、モラハラの被害者は「本当に自分のせいなのではないか?」

と少しずつ考えるようになり、最終的にはひたすらに我慢を繰り返すといった悪循環に陥っている方が非常に多いといえます。

モラハラ夫に離婚を切り出すには

では、こんなモラハラ夫に離婚を切り出すにはどうすればよいのでしょう?

離婚したいと思っていても、それを口に出すのは簡単なことではありません。相手がモラハラ夫となればなおさら。こういった場合は、直接相手に言葉で伝えても言いくるめられてしまうことが多いため、行動で指し示すのが良いでしょう。

モラハラ夫と離婚をするために必要となるのは「別居」です。

しかし、何も伝えずに別居をしてしまっては悪意の遺棄(今回の場合は同居義務違反)と相手に勘違いされてしまうこともあり、離婚請求時に不利になってしまう可能性があることからも、手紙やメールなどで良いので相手に対しては別居をしたい、離婚をしたい旨を伝えておくことが大切です。

また、離婚とまではいかなくても、いったん距離を置くことによって冷静に考えがまとまることもありますし、精神的な疲労を癒せるといった別の側面もあり、煮詰まってしまった夫婦にとって、別居は様々な良い効果が期待できると言えます。

弁護士への相談はお早めに

女性弁護士また、弁護士への相談を検討しているのであれば、別居時の婚姻費用といった問題も解決していかなければならないため、別居前、もしくは別居直後に弁護士に相談をするのが良いでしょう。

というのも、離婚問題というのは弁護士の着手が早ければ早いほど、必要な対策を講じることが可能となっています。

モラハラ夫を相手に離婚をしたいといったように、様々なトラブルが想定される離婚問題の場合はなおのことです。

弁護士からの智恵を役立て、離婚請求を少しでも有利に進めていけるように前もって準備をしておくことが、スムーズな離婚へのコツと言えるでしょう。

弁護士費用について

では、弁護士への費用はどの程度かかるものなのでしょうか?

弁護士への費用については、離婚問題をどこまで依頼するかによって異なります。

協議離婚の場合の弁護士費用の相場

たとえば、相手との任意交渉(協議離婚のこと)だけをお願いするのであれば、着手金は10~20万円程度、成功した場合の報酬(成功報酬といいます)が10~20万円程度と言えるでしょう。

離婚調停になった場合の弁護士費用の相場

協議離婚が成立せず、調停にまで発展してしまった場合は、着手金20万円程度、成功報酬が20万円程度といったところが相場となっています。

※関連ページ→「離婚調停の時の弁護士費用と弁護士の必要性

離婚裁判まで発展した場合の弁護士費用の相場

調停が不成立となってしまい、裁判にまで発展してしまった場合は、着手金、成功報酬ともに30万円前後と言えますが、どの場合であっても協議離婚の段階から同じ弁護士に依頼をしていたとなれば、減額の期待はできると言えるでしょう。

なお、上記はすべて離婚のみの料金相場となっています。

その他に財産分与や子どもの問題が含まれるとなれば、その分だけ加算されていくことになるので注意しましょう。

※関連ページ→「離婚裁判の流れや期間と弁護士費用を実例とデータを交えて解説

モラハラ夫から慰謝料はもらえる?

慰謝料には精神的な損害への賠償金も含まれています。

よって、当然ながら慰謝料は発生すると言えるでしょう。

ただし、現実には相手の支払い能力があるかないかといった問題もあるため、慰謝料は必ずしも回収できるものではないことを覚えておきましょう。

とはいえ、現実にはモラハラ夫を相手に慰謝料を回収した方がたくさんいるのも事実です。

そして慰謝料の相場としては、数十万円程度、多ければ300万円近くに及ぶこともあります。これだけ相場に開きがあるということは、ケースバイケースになるということ。

事情によってまったく異なるのが慰謝料請求となっていますので、こちらも可能な限り弁護士に相談をし、適正な慰謝料が回収できるように力を貸してもらいましょう。

まだ弁護士費用が心配ですか?
  • 交通事故
  • 労働問題
  • 近隣問題
  • 遺産相続
  • 離婚問題
  • 男女問題
  • 詐欺被害
  • 傷害事故

弁護士費用が心配なら、弁護士費用保険。
トラブル時の弁護士費用を通算1000万円まで補償。


The following two tabs change content below.
永瀬 優(パラリーガル)

永瀬 優(パラリーガル)

1986年生まれ。高校卒業後、東洋大学法学部法律学科へと進学し、2011年からパラリーガルとして法律事務所に勤務開始。法律事務所という環境化での経験を活かし、債務整理や離婚、相続といった法律関連の文章を得意としている。 たくさんの人に法律を身近に感じてもらいたい、誰もが気軽に法律を知る機会を増やしたい、という思いから本業の合間を縫う形で執筆活動を開始した。 現在もパラリーガルを続ける中、ライティングオフィス「シーラカンストークス」に所属するwebライター。著書に「現役パラリーガルが教える!無料法律相談のすすめ。お金をかけず弁護士に相談する方法と良い弁護士・良い事務所の探し方。」がある。
この記事のURLとタイトルをコピーする

いいね!を押して更新情報を受け取る

ページ上部へ戻る