離婚調停と円満調停の違いは?同時に起こすことは可能?

 

離婚調停と円満調停の違いは?同時に起こすことは可能?そもそも離婚調停というのは、正式には「夫婦関係調整調停」と言います。

この夫婦関係調整調停の申し立て書には、離婚を希望するか円満を希望するかというチェック欄があり(裁判所によって書式に違いはあり)、どちらを希望するかによって、「離婚調停」、「円満調停」といった区別がされることになっています。

では、この2つの調停にはどのような違いがあるのでしょうか?

また同時に起こすことは可能なのでしょうか?

今回は、この2点について詳しくご説明していきます。

離婚調停と円満調停は申立人の希望による

離婚調停円満調停では申立人の希望する終着点が違うといえます。

離婚調停は、申立人が離婚を希望している場合に利用されることになり、円満調停は、申立人が円満な婚姻生活を希望している場合に利用されることになります。

なお、どちらの調停を申し立てたとしても調停委員や裁判官が申立人の味方になってくれるわけではありません。

あくまでも中立として話し合いをリードするだけです。

よって、離婚調停だからといって離婚が成立しすい、円満調停だからといって夫婦関係が円満になりやすいといった違いがあるわけではありません。

調停による話し合いが離婚・円満どちらに進んでいくかについては、双方の主張や話の流れによっても異なることになりますので、どちらの調停になったからといって、結論に違いが出ることはあまりないと言えるでしょう。

双方の意見が食い違っているのであれば、どちらの調停だったとしても調停は不成立となるだけとなっています。

つまり、いってしまえば、この2つの調停の違いは、「どちらが先に調停での話し合いを希望したかによる違い」と言えるでしょう。

同時に調停を起こすことは可能だが・・・

なお、離婚調停と円満調停は同時に起こすことは可能となっています。

ただし、管轄が同一の裁判所への調停申立ての場合、2つの調停は併合されてしまうことがほとんどです。

調停を管轄する裁判所というのは、相手方の住所地の裁判所となっていますので、双方が同一の裁判所管轄の地域に住んでいるのであれば、調停を申し立てる裁判所は同じになります。

同じ裁判所で調停をするというのに、わざわざ2回に分けて調停をしているというのは非常に効率が悪いため、裁判所側に併合されることになるでしょう。

ただ、調停を申し立てるというのは、費用もかかりますし労力もそれなりに必要なので、相手の考えと異なる調停を申し立てるという行為自体が、自らの意思を相手に示すことに繋がるといった意味はあるのかもしれません。

管轄裁判所が異なる場合はどうなる?

では、別居などの理由によって調停の管轄となる裁判所が異なる場合はどうでしょうか?

この場合、話し合いを希望している側が相手の裁判所に合わせることが多いといえます。

もちろん合わせなければならない理由はありませんが、調停というのは相手方が話し合いの場に出てきてくれないことには進めていくことができません。

こうした理由から、調停の管轄は相手方が来やすいように相手方の住所地の裁判所とされているのです。

別々の裁判所に調停を同時に起こすことはもちろん可能ですが、果たして意味があるのか?と言われれば、なんともいえないところです。

なお、別居中の双方が調停による話し合いを希望しているのであれば、合意管轄といって双方が合意した裁判所にて調停を行うことも可能とされています。

双方が遠方にて別居中なのであれば、間をとった裁判所を合意管轄とするのも調停をスムーズに進めていくためには良いのかもしれません。

どちらも夫婦関係の調整が目的

ここまで2つの調停について見てきましたが、そもそもは離婚調停も円満調停も夫婦関係の調整が目的となる話し合いの場です。

離婚調停だからといって、夫婦関係を円満にしたい旨の主張をしてはいけないわけではありませんし、逆もまた然りです。

よって、この2つの調停に大きな違いはないと言えます。

あくまでも、調停の申立人がどちらを希望しているか、といった違いしかありません。

また、同時に調停を起こすことにも、まったくもってメリットがないか?と言われれば、同意し難いところではありますが、メリットと呼べるものはほとんどないのではないでしょうか。

大切なのは調停の呼び名の違いではなく、調停の内容にあると言えます。

まだ弁護士費用が心配ですか?
  • 交通事故
  • 労働問題
  • 近隣問題
  • 遺産相続
  • 離婚問題
  • 男女問題
  • 詐欺被害
  • 傷害事故

弁護士費用が心配なら、弁護士費用保険。
トラブル時の弁護士費用を通算1000万円まで補償。


The following two tabs change content below.
永瀬 優(パラリーガル)

永瀬 優(パラリーガル)

1986年生まれ。高校卒業後、東洋大学法学部法律学科へと進学し、2011年からパラリーガルとして法律事務所に勤務開始。法律事務所という環境化での経験を活かし、債務整理や離婚、相続といった法律関連の文章を得意としている。 たくさんの人に法律を身近に感じてもらいたい、誰もが気軽に法律を知る機会を増やしたい、という思いから本業の合間を縫う形で執筆活動を開始した。 現在もパラリーガルを続ける中、ライティングオフィス「シーラカンストークス」に所属するwebライター。著書に「現役パラリーガルが教える!無料法律相談のすすめ。お金をかけず弁護士に相談する方法と良い弁護士・良い事務所の探し方。」がある。
この記事のURLとタイトルをコピーする

いいね!を押して更新情報を受け取る

最近の投稿

ページ上部へ戻る