親子関係不存在の訴えの調停とDNA鑑定鑑定の費用

 

親子関係不存在確認調停(親子関係不存在の訴え)とは、親子関係を否定するためにある家庭裁判所での手続きのことです。

家庭裁判所では裁判官と2人の調停委員によって話し合いが進められます。

普通に生活をしていればあまり縁のある手続きではありませんが、「この子は本当に自分の子どもなのだろうか?」、「この父は本当に私の父なのだろうか?」といった、親子間に一定以上の疑問が発生した場合に利用されています。

今回は、この親子関係不存在確認調停について詳しくご説明していきます。

親子関係不存在確認調停を申し立てるには?

親子関係不存在確認調停を利用したい場合は、家庭裁判所に下記の書類を提出します。

申立書

家庭裁判所ごとに用意されている定型のもので可

親の戸籍謄本

不存在を求める親の戸籍謄本

子の戸籍謄本

出生届未了の場合は子の出所証明書の写しか母の戸籍謄本

利害関係人(親族など)からの申立の場合、利害関係を証する資料

次に、申立てに必要な費用についても確認しておきましょう。

収入印紙1,200円

確認したい親子関係ごとに1,200円ずつ追加

郵便切手数千円程度

申し立てる家庭裁判所ごとに異なる

鑑定費用10~20万程度

裁判所を通してDNA鑑定を行う場合は鑑定費用を納める

なお、夫の子と推定される子との親子関係を否定する場合(まだ親子関係が正式に成立していない)は、親子関係不存在ではなく、「嫡出否認」という別の手続きになります。

親子関係不存在確認調停の流れ

上記の書類を用意し、家庭裁判所への申立が行われると期日(裁判所へ足を運ぶ日)が指定されます。

そして初回の調停を終えた後、必要があれば1ヶ月置き程度に調停が開かれ、事実関係の調査の後(必要があればDNA鑑定などを行う)双方に合意があり、なおかつ、それが裁判官や調停委員が見ても正当であると判断された場合、「合意に相当する審判」という形で、最終的に親子関係の不存在が証明されます。

その後、戸籍申請用の審判書謄本が作成され、これを市区町村役場に提出すると戸籍簿上も親子関係の不存在が反映されるというのが一連の流れになっています。

なお、合意ができない場合や、裁判官や調停委員が正当でないと判断した場合、調停は不成立となり、その後は離婚裁判をするか否かの選択を迫られることになります。

親子関係不存在後の慰謝料などについて

親子関係不存在が確認されると、その子どもは不貞が理由で産まれたという事実が証明されます。

そこで慰謝料の支払いを求めることも可能となります。

これは不貞行為に対する慰謝料になりますので、不貞の期間や回数などによって金額には振れ幅があります。

なお、振れ幅のある慰謝料と違い、自身の子どもだと思って養育費を支払っていたなどの事情がある場合は、養育費の返還請求も可能です。

しかし、それを支払えるだけの資力が相手にあるかどうかなど、お金の問題は回収までを見越して検討しなければなりません。

請求すれば認められるのは確実であっても、支払えない相手から回収することはできませんので、個々の事情に応じて最善となる対応を取っていきましょう。

DNA鑑定費用は申立人が支払う

お金の話が出たので、最後にDNA鑑定費用についても触れていきましょう。

親子関係不存在確認調停の中でDNA鑑定を行う場合、費用は原則として申立人が支払うことになっています。

親子関係不存在を求めておきながら、費用は相手に支払ってもらうというのは都合が良すぎますし、認められることはほとんどありません。

なお、裁判所に納める鑑定費用は、一般にされているDNA鑑定費用より若干割高になっています。

費用を節約させたいのであれば、事前にDNA鑑定を済ませた上で行うという方法もありますが、裁判所で行う場合は「鑑定書」という書面が作成されます。

この書面が作成されるため割高になっているのです。

親子関係不存在確認は弁護士に依頼を

ここまで読んでいただいた方はすでに感じているはずですが、親子関係不存在確認というのは精神的な負担が非常に大きい手続きです。

今まで自分の子どもだと思っていた子が実は自分の子でない、こんな話を聞いただけでも心が痛みます。

これを1人で乗り切るのは簡単なことではないため、可能であれば弁護士に依頼し、手続きを法的な面だけでなく精神的な面からも支えてもらってください。

まだ弁護士費用が心配ですか?
  • 交通事故
  • 労働問題
  • 近隣問題
  • 遺産相続
  • 離婚問題
  • 男女問題
  • 詐欺被害
  • 傷害事故

弁護士費用が心配なら、弁護士費用保険。
トラブル時の弁護士費用を通算1000万円まで補償。

The following two tabs change content below.
永瀬 優(パラリーガル)

永瀬 優(パラリーガル)

1986年生まれ。高校卒業後、東洋大学法学部法律学科へと進学し、2011年からパラリーガルとして法律事務所に勤務開始。法律事務所という環境化での経験を活かし、債務整理や離婚、相続といった法律関連の文章を得意としている。 たくさんの人に法律を身近に感じてもらいたい、誰もが気軽に法律を知る機会を増やしたい、という思いから本業の合間を縫う形で執筆活動を開始した。 現在もパラリーガルを続ける中、ライティングオフィス「シーラカンストークス」に所属するwebライター。著書に「現役パラリーガルが教える!無料法律相談のすすめ。お金をかけず弁護士に相談する方法と良い弁護士・良い事務所の探し方。」がある。
この記事のURLとタイトルをコピーする

いいね!を押して更新情報を受け取る

ページ上部へ戻る