離婚調停を申し立てられた!事前の準備から当日の持ち物や服装など

 

相手に離婚調停を申し立てられた場合、なんの準備もせずに調停に臨んでしまっては、相手にペースを握られてしまう可能性が非常に強いです。

離婚調停はなんといっても話し合いの場ですので、相手にペースを握られてしまわないためにも可能な限り準備をしてから臨むようにしましょう。

今回は、離婚調停を申し立てられた時は何から準備すべきかをご説明します。

まずは離婚調停を知ることが大事

離婚調停とは一体どんなものなのか?

これを知らずに調停に足を運んではいけません。

まずは離婚調停というものを知ることが最重要といえます。

離婚調停というのは、裁判所の裁判官と、裁判所が選んだ一般有識者である調停委員とともに行われる「話し合いの場」です。

調停中の雰囲気画像引用元http://www.courts.go.jp/niigata/about/koho/l4/Vcms4_00000160.html

調停中の雰囲気
画像引用元:新潟家庭裁判所

「争いの場」である裁判とは少し違います。

あくまでも話し合いの場ですので、お互いの意見が食い違い、どちらか一方が離婚に納得できないのであれば、強制的に離婚になってしまうようなこともありません。

このような状態を調停不成立、または調停不調、などと言ったりします。

いったん調停が不成立となれば、次はもう一度調停を申し立てるのか、もしくは裁判離婚のために訴訟提起へと移行するのか、それとも元の鞘に収まるのか、といった分かれ道となります。

離婚調停だけが夫婦のすべてを決めるわけではありません。

その後のことにも目を向けつつ、離婚調停に臨むのが理想的といえます。

頭の中をしっかりと整理しておくことも重要

離婚調停を進めていくのは、上記したように裁判官と調停委員になります。

しかし、裁判官も調停委員も当事者となっている夫婦のことは何も知りません。

二人はどういった経緯で出会い、結婚をすることになったのか。

いつ頃に子どもができたのか。

一体なにが原因で今回の離婚調停にまで発展してしまったのか。といったことまで事細かに説明ができなければなりません。

こうした事情について、「何年のいつ頃」ということまで説明をするには事前に準備をしていなければできるわけがないのです。

こうした準備をまったくせずに調停へと臨んだところ、対する相手側は事前にしっかりと準備をしていたとしたらどうでしょう。

裁判官や調停委員の心証に大きな差がついてしまうことは間違いありません。

あくまでも公平な意見・判断をするのが裁判官や調停委員の役割といえますが、夫婦の経緯すらろくに説明できないともなれば、偏ってしまうのも致し方ありません。

離婚調停を有利に進めていくための鍵は、調停委員を味方につけることです。

こうしたところで差をつけられてしまわないように、頭の中をしっかりと整理し、場合によってはメモ書きなどの準備をしておいたほうが良いといえます。

特に夫婦にとっての重要な出来事については、必ず時期を特定できるようにしておきましょう。

離婚調停の持ち物

調停をスムーズに進めるためには、持ち物についてもしっかりと確認しておきましょう。

まずは裁判所からの呼び出し状です。

ここには事件番号が記載されていて、当日は必ずこの番号が必要となります。

裁判所では、事件の区別について当事者の名前よりも事件番号でしていることがほとんどなので、窓口ではこの番号を提示するようにしましょう。

その際、本人確認をされることがありますので、運転免許証や保険証といった身分証明書を用意しておきましょう。

次は、メモ帳といった筆記用具です。

離婚調停の中では、お互いが条件を提示する場面もありますので、相手の条件をしっかりとメモできるようにしておく必要があります。

いくら記憶力がいいからといっても、忘れてしまうこともあるかもしれませんので、メモをしっかりと残しておき、次回期日までに一考しておくようにしましょう。

調停室内では、録音・録画といったことができませんのでメモ帳は必須といえます。

必須ではないが持っていくと良いもの

初回については持っていく必要はないかもしれませんし、最終的に使うかどうかもわかりませんが、持っていくと良いものもご紹介します。

まずは印鑑です。

裁判所に提出する書面というのは、基本的に捺印が必要になることが多いので、持っていると即座に対応できるのでとても便利です。

持っていく印鑑は三文判も可となっていて実印である必要はありませんが、シャチハタは避けてください。

次に携帯電話や本といった、時間をつぶせるものを持っていくといいかもしれません。

離婚調停は基本的に別席調停といって夫婦は別々に呼ばれることになります。

この間、30分程度あり、これが何回か繰り返されることになりますので、待ち時間が非常に多くなってしまう場合もあります。

気持ちを落ち着かせるという意味でも、気分転換ができるものを持っていったほうが精神面のフォローもできるといえます。

離婚調停前の準備は非常に重要

離婚調停の初回期日の前であっても、これだけ準備をすることがあります。

離婚調停は、最初の期日がスタートではありません。

呼び出し状が届いたその瞬間からスタートしているのだということを肝に銘じておきましょう。

また、どうしても不安であれば、調停の前段階で専門家への相談も検討しておきましょう。

離婚調停は地域の裁判所ごとに運用が若干違うこともありますので、その地域で実際に活躍している専門家の意見は非常に参考になります。

依頼をするとなるとそれなりの費用がかかってしまいますが、相談だけであれば5,000円程度で済みますし、無料法律相談などを利用してみるのもいいかもしれません。

離婚調停当日の服装

離婚調停の服装離婚調停当日は、服装にも気を配るようにしましょう。

スーツを着込んでいく必要はありませんが、落ち着きがあり清潔感のある服装を選ぶようにしましょう。

また、離婚調停はお金の問題が取り上げられることがほとんどなので、高級ブランドものを身に着けることは避けるようにしましょう。

裕福そうな生活をしていると思われてしまっても何の役にも立ちませんし、むしろ不利にもなりかねませんので注意してください。

また、当日に親戚などに同行してもらっている方もいますが、調停室に入れるのは当事者本人かその代理人弁護士のみとなりますので注意しましょう。

まだ弁護士費用が心配ですか?
  • 交通事故
  • 労働問題
  • 近隣問題
  • 遺産相続
  • 離婚問題
  • 男女問題
  • 詐欺被害
  • 傷害事故

弁護士費用が心配なら、弁護士費用保険。
トラブル時の弁護士費用を通算1000万円まで補償。

The following two tabs change content below.
永瀬 優(パラリーガル)

永瀬 優(パラリーガル)

1986年生まれ。高校卒業後、東洋大学法学部法律学科へと進学し、2011年からパラリーガルとして法律事務所に勤務開始。法律事務所という環境化での経験を活かし、債務整理や離婚、相続といった法律関連の文章を得意としている。 たくさんの人に法律を身近に感じてもらいたい、誰もが気軽に法律を知る機会を増やしたい、という思いから本業の合間を縫う形で執筆活動を開始した。 現在もパラリーガルを続ける中、ライティングオフィス「シーラカンストークス」に所属するwebライター。著書に「現役パラリーガルが教える!無料法律相談のすすめ。お金をかけず弁護士に相談する方法と良い弁護士・良い事務所の探し方。」がある。
この記事のURLとタイトルをコピーする

いいね!を押して更新情報を受け取る

最近の投稿

ページ上部へ戻る