夫婦円満調停が不成立になったら離婚訴訟を起こされる?

 

夫婦円満調停が不成立になったら離婚訴訟を起こされる?どの調停にもいえることですが、調停というのは必ず成立するものではありません。

それは夫婦円満調停についても同じことがいえます。

では、円満調停が不成立になってしまったら、その後は一体どうなってしまうのでしょうか?

今回は、円満調停が不成立になってしまった場合についてのご説明をさせていただきます。

夫婦円満調停が不成立となった場合について

調停が成立となれば、話し合いに基づいた調停調書が作成されることになります。

今後は、この調停調書や調停内で話し合われたことを指針とし、よりよい夫婦生活を営んでいくための双方の努力が必要になるということを再確認し合うわけです。

しかしながら、調停が不成立となってしまうことも当然あります。

申し立てた側(円満にしたい側)の主張を相手が合意してくれなかったということは、その反発として相手から離婚請求をされてしまう可能性も十分にあるといえます。

夫婦関係においては円満調停も調停前置の対象

ここで重要なポイントをご紹介します。

実は離婚というのは「調停前置主義」といって、必ず調停手続きを経由しなければ、「離婚訴訟」を提起することができないとされています。

ここでいう調停とは「離婚調停」のことをいっているんだと考えている方が多くいらっしゃいますが、実は「円満調停」であっても、調停前置の条件は満たしたことになります。

夫婦円満調停が不成立となってしまった場合、相手は離婚調停を経由することなく、離婚訴訟を提起することができてしまいますので、この点は非常に注意が必要です。

離婚訴訟を提起されてしまったら

裁判手続きについては、何事も冷静さが不可欠です。

ショックを受けてしまったり、煮え切らない思いが生じたりもするかもしれませんが、見て見ぬ振りをするのだけはやめましょう。

離婚訴訟は離婚調停とは違い、一方がまるで動きを見せないようであれば、そのまま判決が出てしまいます。

判決が出てしまうということは、法的に離婚が認められてしまったということ。

つまるところ、戸籍上の離婚手続きをする権限を相手に持たれてしまったということです。

これを回避するためには、訴訟手続きに則った反論をしていくしかありません。

調停とは違って、より高度な専門知識を必要とするため、どうしても不安な方は弁護士への依頼を検討してしまったほうが良いかもしれません。

なにも変わらない生活に見えるが・・・

円満調停が不成立になったからといって、必ず離婚訴訟へと移行するわけではありません。

相手にそこまでする気がないのであれば、今までと変わらない生活に戻って行く可能性も十分にありえます。

一見、なにも解決してないようにも見えますが、円満調停にて話し合われた内容というのは、少なからず双方に影響を与えているもの。

内面部分で何かが変わるきっかけとなった可能性は十分にありえます。

調停自体は不成立になりはしたが、これがきっかけとなり以前より夫婦関係がよくなったという例もめずらしくはありません。

もちろんこれらは一概に言えることではありません。

1組の夫婦があれば、その歴史はそれぞれですし、どの夫婦にも当てはまる指針なんてものはありません。

あくまでも、ケースバイケースだということを忘れてはいけません。

再度の申し立てをすることも可能

裁判官や調停委員が変われば、また違った結論に至ることも考えられます。

それに調停を申し立てるタイミングというのも、実は非常に重要だったりもします。

夫婦円満調停というのは、1度しか申し立てられないわけではありませんので、タイミングを見計らって再度申し立ててみるというのもいいかもしれません。

とはいえ、不成立からあまり時間が経過していないのであれば、お互いにゆっくり考え直す時間もありませんし、違った結果になることはあまり期待できません。

多少期間を置いて、必要だと感じたら再度の申し立てを検討してみましょう。

まだ弁護士費用が心配ですか?
離婚・男女トラブル、労働トラブル、
近隣トラブル、相続トラブル、詐欺被害など、
トラブル時の弁護士費用を通算1000万円まで補償。


The following two tabs change content below.
永瀬 優(パラリーガル)

永瀬 優(パラリーガル)

1986年生まれ。高校卒業後、東洋大学法学部法律学科へと進学し、2011年からパラリーガルとして法律事務所に勤務開始。法律事務所という環境化での経験を活かし、債務整理や離婚、相続といった法律関連の文章を得意としている。 たくさんの人に法律を身近に感じてもらいたい、誰もが気軽に法律を知る機会を増やしたい、という思いから本業の合間を縫う形で執筆活動を開始した。 現在もパラリーガルを続ける中、ライティングオフィス「シーラカンストークス」に所属するwebライター。著書に「現役パラリーガルが教える!無料法律相談のすすめ。お金をかけず弁護士に相談する方法と良い弁護士・良い事務所の探し方。」がある。
この記事のURLとタイトルをコピーする

いいね!を押して更新情報を受け取る

ページ上部へ戻る