夫婦円満調停と弁護士-申し立てられた側なら依頼するのもあり

 

夫婦関係をどうしても修復したい場合の選択肢として、夫婦円満調停は有効な手段であるといえます。

とはいえ、夫婦円満調停は裁判所を介する手続きであるため、やはり自分だけでは不安になってしまいますし、なにより心配ごとが絶えません。

一度でも調停の経験があれば、その経験を生かしてということにもなったかもしれませんが、夫婦円満調停なんてものは、早々経験できるようなことではないのです。

となれば、ここは専門知識を有していて、調停経験も豊富な弁護士に依頼をしてみるのもいいかもしれない、といった考えに至るのは至極当然のことにも感じます。

しかし、ちょっと待って下さい。

夫婦円満調停において弁護士への依頼は本当に必要なのでしょうか?

弁護士をつけて不利になることはないが・・・

弁護士というのは法律問題の専門家ですし、訴訟だけでなく調停もお手のものです。

結論からいえば、「もちろん弁護士をつけて不利になるようなことはありません」。

しかし、弁護士をつけたことが必ず有利に働くか?といえば、実はそんなこともないのです。

夫婦円満調停というのは、当事者間の仲を調整するためのものなので、そこに代理人として弁護士を介入させてしまうという行為自体が、相手に良い印象を与えるかといえば、なんとも言えないところです。

はたからみれば、弁護士に依頼をするとなれば費用だってかかってしまいますし、それだけ本気である、と捉えることもできますが、申し立てられた側からしたらどうでしょう?

「夫婦仲を良くしたいのに、わざわざ弁護士を立てる必要があるのか?」

そう考えられてしまっても不自然ではありません。

弁護士というのは、それほどに日常生活からはかけ離れた存在なのです。

あくまでも、相手が抱く印象を重視した上で、弁護士をつけるか決めるべきでしょう。

申し立てられた側なら弁護士はあり

夫婦円満調停を申し立てられた側の場合、すでに円満にする気は一切なく、将来的には離婚を検討しているともなれば、弁護士への依頼は有効な手段といえます。

裁判所や調停委員の立場からしても、弁護士を立てたうえで、円満調停に応じる気がないということがわかれば、これは離婚を検討しているのだと容易に想像がつきます。

離婚を検討しているのであれば、期日の回数を無駄に増やす必要はありません。

夫婦円満調停自体、早々に切り上げることができるといえます。

無駄に調停期日の回数が増える心配もありませんし、この点はまさに弁護士に依頼をするメリットといえるでしょう。

どうしても不安な場合は相談だけでも

調停を申し立てるにあたって、どうしても不安な場合は相談だけでもいってみるといいかもしれません。

弁護士に依頼をするとなれば費用もかさんでしまいますし、相手への印象も気になってしまうところではありますが、相談だけであればそういった心配は要りません。

裁判所との書面のやり取りや、期日に同行してもらうようなことはできませんが、夫婦円満調停というのは、当事者間の話し合いの場です。

書面のやり取りについては弁護士からアドバイスをもらうこともできますし、期日当日も自身が足を運ばなければ話し合いをすることはできません。

つまり、相談のみで弁護士には裏からサポートしてもらうことができれば、それだけでも十分にメリットがあるといえます。

調停は不成立になればそれまで

弁護士に依頼をする上で一番注意しなければならないのは、調停というのは必ずしも成立で終わるわけではなく、不成立となれば手続きとしてはそれまでです。

その後のことを考えるのであれば、調停外での話し合い、離婚訴訟の提起といったものがありますが、調停とはまったく別の手続きになってしまいます。

まったく別の手続きになってしまうということは、費用についても別途かかってしまうということです。

調停が不成立になる見込みがあるのであれば、弁護士への依頼は考え直したほうが良いかもしれません。

そういった場合は、上述したように相談のみを継続していくという方法がベターです。

近年は、無料法律相談を実施している専門家の事務所も数多くありますので、それらを利用しながら自分に合った弁護士がいれば、継続した相談をお願いすることをおすすめします。

ただし、いくら自分に合った良い弁護士と出会えたとしても、いつまでも無料で相談に乗ってくれるわけではありません。

同一内容の相談であれば、相談料がかかる事務所がほとんどとなりますので、どうしても専門家の力を借りたいのであれば、多少の出費は致し方ないと考えるようにしましょう。

まだ弁護士費用が心配ですか?
  • 交通事故
  • 労働問題
  • 近隣問題
  • 遺産相続
  • 離婚問題
  • 男女問題
  • 詐欺被害
  • 傷害事故

弁護士費用が心配なら、弁護士費用保険。
トラブル時の弁護士費用を通算1000万円まで補償。


The following two tabs change content below.
永瀬 優(パラリーガル)

永瀬 優(パラリーガル)

1986年生まれ。高校卒業後、東洋大学法学部法律学科へと進学し、2011年からパラリーガルとして法律事務所に勤務開始。法律事務所という環境化での経験を活かし、債務整理や離婚、相続といった法律関連の文章を得意としている。 たくさんの人に法律を身近に感じてもらいたい、誰もが気軽に法律を知る機会を増やしたい、という思いから本業の合間を縫う形で執筆活動を開始した。 現在もパラリーガルを続ける中、ライティングオフィス「シーラカンストークス」に所属するwebライター。著書に「現役パラリーガルが教える!無料法律相談のすすめ。お金をかけず弁護士に相談する方法と良い弁護士・良い事務所の探し方。」がある。
この記事のURLとタイトルをコピーする

いいね!を押して更新情報を受け取る

最近の投稿

ページ上部へ戻る