離婚成立後だけど慰謝料、財産分与を請求したい

 

離婚成立後だけど慰謝料、財産分与を請求したい法律上、役所へ離婚届を提出すれば離婚自体は成立といえますが、実際には離婚条件といって、離婚前に決められなければならないことが数多くあります。

中でも子どもの問題、お金の問題、離婚後の姓の問題などは話し合いが難航してしまうことがほとんどです。

このように離婚条件で折り合いがつかなくなってしまった場合、離婚がなかなか成立しなくなってしまいます。

どうしても早急に離婚をしたい場合、必須条件である子どもの親権者(未成年の子どもがいる場合)だけを決めてしまい、とりあえず離婚の成立だけをさせてしまうこともできます。

特に話し合いが難航しがちな、財産分与や慰謝料などといったお金の問題は、とりあえず後回しにすることができてしまいます。

今回は、財産分与・慰謝料は離婚後でも調停での請求が可能ということをテーマにお話させていただきます。

離婚後でも財産分与や慰謝料が請求できる理由

離婚問題をあまり長引かせていても、いつまで経っても解決しないことはめずらしくありません。

特に、お金の問題は離婚問題を長引かせる要因になることが多く、この話し合いが合意に至らないことを理由に先延ばしになってしまうことが多いのです。

そうなってしまったとき、とりあえず離婚に関しての合意だけを済ませるのはいいとしても、なぜ後になって財産分与慰謝料の請求ができるのでしょうか。

その理由は、「離婚の請求」と「財産分与や慰謝料の請求」というのは、法律上、まったく異なる性質の請求であるからです。

子どもの問題というのは、離婚に直接関わりますし、子どもの福祉にも大いに関わる問題ですので、離婚時には必ず決められなければなりません。

しかし、「財産上の請求」である財産分与や慰謝料といったものは、離婚請求とはまったくの別物です。

こういった事情から、離婚後に改めて相手に請求することができるというわけです。

早急に離婚だけしたい事情って?

例えば、DV被害を受けている時は、早急に離婚をしたいと考えるのも無理はありません。

または、相手が離婚以外の条件について一切合意に応じてくれない場合など、離婚だけ先延ばしされるばかりで気が滅入ってしまいます。

こういった事情がある方は、先に離婚だけをしてしまい、少し落ち着いてから、財産分与や慰謝料の請求をしたほうが精神面からみても良いといえます。

離婚を急くあまり、相手側の「お金は一切支払わない」という姿勢に無理に応じる必要はまったくないということです。

離婚問題に面したとき必ず頭に入れておいていただきたいのが、「お金の問題というのは離婚のタイミングで必ず話し合われていなければならない事由ではない」ということです。

ただし、離婚時に離婚合意書などで財産の請求権を放棄してしまうと、後から請求することができなくなってしまいますので注意が必要です。

相手の口車には決して乗せられないようにしましょう。

離婚後における金銭の請求方法について

では、離婚後にどういった方法で相手に財産分与や慰謝料を請求すればよいのでしょうか。

もちろん示談交渉にて請求をすることもできますが、一度離婚した相手と直接話し合いをしなければならないというのは精神的な苦痛を伴ってしまいます。

ここで選択すべきなのが、調停手続きです。

それぞれ「財産分与請求調停」「慰謝料請求調停」と呼ばれています。

また、離婚後の子どもの生活状況次第では、子どもの問題であっても離婚前に合意した取り決め内容を変更するように求める調停を申し立てることも可能です。

ただし、調停というのは相手が話し合いに応じてくれなければ不成立となってしまいます。

そういったときのために、財産分与や養育費といった、子どもの今後の生活に直接関わるような問題は審判へと移行され、家庭裁判所が具体的な決定を下してくれます。

この審判の決定書さえあれば、相手から強制執行による取り立ても可能となっています。

また、子どもとは直接的に関係のない慰謝料の場合であっても、相手が話し合いに応じず調停不成立となった場合、改めて訴訟提起をすることが可能です。

裁判へと発展してしまえば、相手は無視をすることができなくなりますので、慰謝料についてもしっかりと争うことが可能です。

離婚後に慰謝料請求をする際の注意点

慰謝料請求には時効期間があることを忘れてはいけません。

離婚慰謝料は法的な性質としては不法行為による損害賠償請求に該当しますので、時効は3年間と民法で定められています。

この3年間の起算点は、離婚が成立した日になりますので、離婚日から3年の期間が経過してしまうと、今後一切、慰謝料請求をすることができなくなってしまうので注意が必要です。

この期間を延長する方法として、内容証明郵便にて請求の意思を相手に伝えることで時効を6ヶ月間中断させることができます。

ただし、6ヶ月以内に裁判上の請求をしなければ時効が中断されなかったことになりますので、こちらも注意が必要といえます。

離婚後に財産分与請求をする際の注意点

財産分与請求にも、慰謝料請求と同じように請求できる期間が定められています。

ただし、期間は慰謝料請求とは違い2年間です。

少し法律の話になってしまうのですが、財産分与は消滅時効期間ではなく、除斥期間であるとされています。

除斥期間というのは、時効期間と同様に一定期間が経過すると請求ができなくなるという点では同じなのですが、時効とは違い期間の経過を停止・中断させることができないとされています。

この点には非常に注意が必要です。

また、財産分与請求の除斥期間の起算点も慰謝料請求と同様、離婚が成立した日になりますので、請求をするつもりでいるのなら、必ず忘れないようにしましょう。

まだ弁護士費用が心配ですか?
  • 交通事故
  • 労働問題
  • 近隣問題
  • 遺産相続
  • 離婚問題
  • 男女問題
  • 詐欺被害
  • 傷害事故

弁護士費用が心配なら、弁護士費用保険。
トラブル時の弁護士費用を通算1000万円まで補償。

The following two tabs change content below.
永瀬 優(パラリーガル)

永瀬 優(パラリーガル)

1986年生まれ。高校卒業後、東洋大学法学部法律学科へと進学し、2011年からパラリーガルとして法律事務所に勤務開始。法律事務所という環境化での経験を活かし、債務整理や離婚、相続といった法律関連の文章を得意としている。 たくさんの人に法律を身近に感じてもらいたい、誰もが気軽に法律を知る機会を増やしたい、という思いから本業の合間を縫う形で執筆活動を開始した。 現在もパラリーガルを続ける中、ライティングオフィス「シーラカンストークス」に所属するwebライター。著書に「現役パラリーガルが教える!無料法律相談のすすめ。お金をかけず弁護士に相談する方法と良い弁護士・良い事務所の探し方。」がある。
この記事のURLとタイトルをコピーする

いいね!を押して更新情報を受け取る

ページ上部へ戻る