最短でいつから弁護士に守ってもらえるのですか? - 弁護士費用保険の教科書

最短でいつから弁護士に守ってもらえるのですか?

この記事のURLとタイトルをコピーする

投稿日:2016年1月5日 更新日:

「責任開始日から弁護士直通ダイアルにより弁護士初期相談が可能になります。」

↑これだけではピンと来ないという方が多いかと思いますので少し解説をさせていただきます。

弁護士保険には責任開始日といって保険契約の開始日があります。

具体的には第1回保険料が払い込まれた日の属する月の翌月1日となります。

最短で考えると、例えば7月31日にクレジットカード払いで申し込みをした場合、8月1日が責任開始日となります。

この責任開始日から、弁護士直通ダイアルにより、弁護士に電話でトラブルについて初期相談(15分)が出来るようになります。

これは弁護士保険Mikataを提供しているプリベント少額短期保険㈱が日本弁護士連合会と提携しているが故に成り立っているサービスとなります。

弁護士保険Mikata加入者は、

「トラブルが発生すると、その場で弁護士に電話が出来る。」

これが弁護士に守られ、人生の自己防衛手段を手に入れるということです。

まだ弁護士費用が心配ですか?
離婚・男女トラブル、労働トラブル、
近隣トラブル、相続トラブル、詐欺被害など、
トラブル時の弁護士費用を通算1000万円まで補償。
この記事のURLとタイトルをコピーする

-

Copyright© 弁護士費用保険の教科書 , 2021 All Rights Reserved.