最短でいつから弁護士に守ってもらえるのですか?

 

「責任開始日から弁護士直通ダイアルにより弁護士初期相談が可能になります。」

↑これだけではピンと来ないという方が多いかと思いますので少し解説をさせていただきます。

弁護士保険には責任開始日といって保険契約の開始日があります。

具体的には第1回保険料が払い込まれた日の属する月の翌月1日となります。

最短で考えると、例えば7月31日にクレジットカード払いで申し込みをした場合、8月1日が責任開始日となります。

この責任開始日から、弁護士直通ダイアルにより、弁護士に電話でトラブルについて初期相談(15分)が出来るようになります。

これは弁護士保険Mikataを提供しているプリベント少額短期保険㈱が日本弁護士連合会と提携しているが故に成り立っているサービスとなります。

弁護士保険Mikata加入者は、

「トラブルが発生すると、その場で弁護士に電話が出来る。」

これが弁護士に守られ、人生の自己防衛手段を手に入れるということです。


The following two tabs change content below.
弁保社長

弁保社長

慶應義塾大学卒業後、大手エネルギー関連企業、ベンチャー企業の取締役を経て、2014年に弁護士保険募集代理店として㈱マイクコーポレーションを創業。 幼少期をアメリカで過ごし、訴訟リスクについて親友の父(弁護士)より学ぶ。 自身の離婚経験、友人の相続トラブル、後輩の勤務先企業からの不当解雇など身の回りで弁護士に依頼をした事例が多数起こり、日本での訴訟リスクの高まりと弁護士費用保険の必要性を感じたことをきっかけに、「誰もが小さなトラブルでも気軽に弁護士に相談できる社会」を目指し、広く日本初の弁護士費用保険である「Mikata」の普及促進を図っています。(さらに詳しいプロフィールはこちら
この記事のURLとタイトルをコピーする

いいね!を押して更新情報を受け取る

最近の投稿

ページ上部へ戻る