刑事事件でも保険は適用されるのですか? | 弁護士費用保険の教科書

よくある質問

刑事事件でも保険は適用されるのですか?

この記事のURLとタイトルをコピーする

投稿日:2015年8月17日 更新日:

刑事事件にかかる弁護士費用については適用の対象外となります。

但し刑事事件の場合でも法律相談料については原則として適用対象となりますが、多くの場合本人が勾留されているため、代理人からの申請が必要となるなど、手続きが煩雑となる可能性があります。

また、刑事事件と同時に民事訴訟となれば原則として民事分は適用となります。
例えば痴漢(もしくは冤罪)で捕まった場合でも、示談交渉になれば民事事件となり、原則として適用となります。

※保険適用可否の判断は保険提供元のプリベント少額短期保険株式会社が行いますので、必ず事前の確認が必要となります。

まだ弁護士費用が心配ですか?
離婚・男女トラブル、労働トラブル、
近隣トラブル、相続トラブル、詐欺被害など、
トラブル時の弁護士費用を通算1000万円まで補償。
The following two tabs change content below.
山根浩

山根浩

フリーライター。東京都生まれ。2008年よりインターネットメディアを中心に法律、スポーツ、健康といった幅広いジャンルで執筆活動を開始。2010年以降は法律ジャンルに特化し、離婚、相続、交通事故、近隣トラブル、職場トラブルといった身近な法律トラブルに関する執筆を多く担当している。
この記事のURLとタイトルをコピーする

-よくある質問

Copyright© 弁護士費用保険の教科書 , 2020 All Rights Reserved.