パラリーガルの仕事内容・やりがいや年収。実際のところどうなの?

 

パラリーガルの仕事内容・やりがいや年収。

パラリーガルはなかなか世間に馴染みのない職業となっていますので、パラリーガル関連の書籍といったものも決して充実しているとは言えません。

とはいえ、インターネットなどを利用しながら少しずつでも情報を取り入れ、結果としてパラリーガルを志す方が少しでも増えてくれたら、こちらとしても嬉しい限りです。

今回は、少しでもパラリーガルについて知ってもらうために、パラリーガルの年収や仕事内容・ワークスタイル・やりがいについてのご紹介をさせていただこうと思っています。

パラリーガルの待遇は各事務所に依存

パラリーガルについてご紹介させていただこうと思っています、と言っておいて早速ですが、パラリーガルの待遇というのは実際のところ、かなり事務所に依存しているため、あまり一概に示すことができません。

こうした前提を踏まえた上で、1つの参考例だという認識を持って、下記を読んでいただくようにお願いいたします。

いってしまえば、弁護士についてもピンからキリまであり、それと同じようにパラリーガルの待遇についてもピンからキリまであるということです。

パラリーガルの年収

パラリーガルの年収というのは、世間一般のサラリーマンと同等程度、もしくはそれ以下であることが多いといえます。

つまり、決して多い部類には入らないということです。

その理由としては、やはりパラリーガルの資格化がされていない面にあるといえます。

専門的な職務内容を取り扱うわりには、誰にでもなることができるという現状があるため、収入だけを見れば決して優遇されている立場にはありません。

こうしたことから、パラリーガルをしながら行政書士や司法書士といった他の法律資格を取得し、弁護士が行う業務にパートナー的に関わっているというパラリーガルも中にはいます。

当然ながら、有資格のパラリーガルであれば、なにも資格を持っていないパラリーガルとは雲泥の差があるといえます。

また、個人の力量や勤続年数、弁護士との信頼関係などによっても大きく左右されるため、この程度の年収がある、というのを示すのが非常に難しいです。

とはいえ、一般的な初任給としては、200万円~350万円、都心にある大規模な渉外事務所(企業法務に特化している事務所)で500万円~600万円といったところでしょう。

また、パートやアルバイトの場合、時給でいえば1000円~1200円、地方の場合はさらに下がる場合もあります。

このように、パラリーガルは年収だけを見ればそんなに多くはありませんが、他の資格を取得したり、弁護士から信頼を得たり、といった要素によって飛躍的に年収を増加させることができる可能性を十分に秘めているといえます。

また、今後、パラリーガルの資格化などがされれば、パラリーガル自体の評価についても見直される可能性があるため、将来性は十分にあるといえます。

パラリーガルの仕事内容

 
パラリーガルの仕事内容

パラリーガルの仕事内容についても、監督する弁護士の考え方、所属する事務所によって多種多様といえます。

というのも、あまりに専門的な内容をパラリーガルに対して「丸投げ状態」にしてしまうことを弁護士会は好ましく思っておらず、どこまでが非弁行為に当たるのかといった議論がなされた経緯もあるくらいです。

また、弁護士法においても、「弁護士でない者が報酬を得る目的で法律事務を取り扱うことはできない」と定めていますので、あくまでも弁護士がパラリーガルの監督を徹底していなければなりません。

それでは、上記を前提に、パラリーガルにはどういった仕事内容が任されているのかを見ていきましょう。
下記はすべて日弁連の弁護士業務改革委員会が出したものです。

・弁護士が行う法律相談前に行う準備的な聞き取り
・弁護士が行う法律相談、依頼者との打ち合わせへの同席と記録
・法律、判例、文献の調査
・訴状、準備書面、証拠申出書、陳述書等の作成・起案
・裁判所にて行われる弁論、弁論準備への同席と記録
・裁判所にて行われる破産審尋問、免責審尋への弁護士との同席
・債務整理等における相手方業者との交渉

このように、パラリーガルというのは、かなり専門的な部分まで業務を遂行することが可能といえます。

もちろんどこまで任せるのか?については、弁護士の判断やパラリーガルの能力に依存することになりますが、パラリーガルが行うことのできる業務範囲によっては、弁護士の業務負担をかなり軽減することが可能となっています。

では、パラリーガルという立場では、どういったことが禁止されているのでしょうか?
下記もすべて日弁連の弁護士業務改革委員会が出したものです。

・法律相談
・受任の判断、報酬額の決定
・弁護士の監督がない状態での書面作成
・弁護士の監督がない状態での交渉

これらはすべて、パラリーガルの独断で行うことはできないとされています。

とはいえ、弁護士の監督さえあれば、だいだいの書面は作成することができますし、交渉まで行うことができるため、パラリーガルによってカバーできない弁護士の業務というのは、パラリーガルの監督を除けば、「法的判断と法廷での代理行為」くらいです。

このように、パラリーガルが取り扱える業務の専門性というのは、弁護士と比べても遜色ないほどなので、優秀なパラリーガルというのは弁護士にとって欠かせない存在です。

パラリーガルのワークスタイル

パラリーガルのワークスタイル

では、パラリーガルにはどのようなワークスタイルが存在するのでしょうか?

こちらについても、事務所に依存するといえますので一概に言えることではありませんが、簡単な例をご紹介いたします。

よくあるのが、パラリーガルとしての業務に励みながら、法律資格の取得を目指しているというパターンです。

パラリーガルは上記したように、他の法律資格を取る前の実務経験といった意味合いで働いている方も多くいます。

実際に、パラリーガルから司法試験に合格したり、司法書士、行政書士といった資格を取得したりしている方はたくさんいらっしゃるのです。

つまり、パラリーガルを自らのステップアップの一環に利用しているというわけです。

また、パラリーガルという職業は専門性が高いため、キャリアを積めば積むほど弁護士からは必要とされる存在です。

こうしたことから、いったんは産休など子育てを理由に退職をした女性の方であっても、すぐに復職できる可能性が非常に高いため、女性が手に職をつけるという意味でも、とても有意義な職業といえます。

もともとは弁護士秘書から入った女性の方でも、その後、経験を積んでパラリーガルになるというのは決してめずらしいことではないため、実際に女性のパラリーガルはかなり多くいらっしゃいます。むしろ女性の方が多いかもしれません。

というのも、過去においては、「事務職員といえば女性」というイメージが定着していたため、法律資格の取得を目指しているわけでもなければ、男性の方が法律事務所に事務職員として勤めることはあまりありませんでした。

しかし、パラリーガルと名を変えた昨今においては、男性の方においてもパラリーガルを志す方が多く、現実に多くの男性がパラリーガルとして活躍をしています。

パラリーガルのやりがい

パラリーガルのやりがいといえば、取り扱う業務が専門的なことと、法律問題についての試行錯誤ができること、などが挙げられるのではないでしょうか。

しかし、なんといっても1番のやりがいといえるのは、法律問題に困っている依頼者の手助けが弁護士とともにできることです。

相談時には悲壮感しか漂っていなかったような方が、無事に問題を解決し、笑顔になった姿が見られるというのは、何ものにも代え難い喜びがあります。

この瞬間があれば、日頃の疲れなど吹き飛んでしまうほどです。

私がはじめて担当した時の話

気合が入るパラリーガル

少し個人的な話となってしまいますが、私がはじめて担当をした自己破産の依頼者のお話をさせてください。

その方は、とてもお年寄りの方だったのですが、苦しい生活ながらもなんとか借金の返済を繰り返していました。

しかし、ある日、ご主人が病に伏してしまったことから、仕事をすることができなくなってしまったのです。

ご主人にも借金があり、その返済分についても自ら返済しようと昼夜関係なく毎日のように無理な仕事をしていたそうです。その日々というのは、まさに地獄のようだったとおっしゃっていました。

そして、もうこれ以上の返済はできないと途方に暮れていたころ、ついには自身も体調を崩してしまったのです。

しかし、働くことができないにも関わらず、毎日のように鳴る貸金業者からの催促の電話。

私は、その精神的苦痛を考えただけでも胸が痛みました。

縁あってうちの事務所へとこられたその方は、私のはじめての担当となり、右も左もわからないながら、なんとかしてあげたいという思いから必死に勉強し、そして手続きを進めていきました。

結果として、裁判所からは夫婦ともに免責が認められ、無事に多重債務という苦痛から解放させてあげることができました。その方は、体調が悪かったため、電話での報告となってしまったのですが、とても喜んでくださいました。

ある日、その方が突然、うちの事務所へと尋ねてきたのです。

私は、またなにかあったのかと心配し、どうしたのかと尋ねると、

「もう一度、感謝を伝えたくて、お顔が見たくて来てしまいました」

と笑顔でおしゃってくださいました。

私はその時の笑顔と言葉が今でも頭を離れません。

この時の言葉と感動を初心として忘れないように、現在もパラリーガルとしての業務を行っております。

全てが嬉しい結果につながるわけではないけど・・・

とはいえ、実際にはこのように感謝の気持ちを述べてくれる方ばかりではありません。

中には、弁護士は金で雇っているのだから仕事をするのは当たり前、といったように横柄な態度をする方もいらっしゃいます。もちろん厳しい言葉を投げつけられることもあります。

しかし、パラリーガルとして勤めている方の多くは、私と同じような経験をし、困っている方への手助けをやりがいとしているのではないでしょうか。

法律問題に困っている方の手助けというのは、なかなか経験出来ることではありませんので、問題が解決したときの依頼者の方の笑顔や感謝の言葉というのが、パラリーガルにとってのやりがいであり、醍醐味なのだと感じています。

まだ弁護士費用が心配ですか?
離婚・男女トラブル、労働トラブル、
近隣トラブル、相続トラブル、詐欺被害など、
トラブル時の弁護士費用を通算1000万円まで補償。


The following two tabs change content below.
永瀬 優(パラリーガル)

永瀬 優(パラリーガル)

1986年生まれ。高校卒業後、東洋大学法学部法律学科へと進学し、2011年からパラリーガルとして法律事務所に勤務開始。法律事務所という環境化での経験を活かし、債務整理や離婚、相続といった法律関連の文章を得意としている。 たくさんの人に法律を身近に感じてもらいたい、誰もが気軽に法律を知る機会を増やしたい、という思いから本業の合間を縫う形で執筆活動を開始した。 現在もパラリーガルを続ける中、ライティングオフィス「シーラカンストークス」に所属するwebライター。著書に「現役パラリーガルが教える!無料法律相談のすすめ。お金をかけず弁護士に相談する方法と良い弁護士・良い事務所の探し方。」がある。
この記事のURLとタイトルをコピーする

いいね!を押して更新情報を受け取る

ページ上部へ戻る