離婚調停中の恋愛・交際(不貞行為)が調停の結果に影響する時しない時

 

離婚調停の最中に恋愛をし、新たな恋人ができたとしても、それは法的には不貞行為とは言いません。

夫婦がすでに離婚調停にまで話が進んでいるということは、もはや婚姻関係は破綻していると言い換えることができます。

婚姻関係破綻後に、どこの誰と交際をしていようと、それを不貞行為と取られてしまうことはありません。

よって、安心して交際を続けることが可能です。

ただし、新たな恋人ができたタイミングによっては非常に問題になってしまう点と、離婚調停中にそういった事実が浮かび上がってきてしまうと、調停委員や裁判官の心証に直接的に影響を与えることになってしまう点には要注意です。

なるべくなら、そういった事実は調停中に判明しないに越したことはありません。

婚姻関係破綻前から交際があった場合

上記のように、調停中に新たな恋人との交際が発覚したとしても、不貞行為と取られるようなことは原則ありません。

しかし、それは婚姻関係がすでに破綻しているからであって、婚姻関係継続中から交際が継続しているのであれば、それはまさに不貞行為と言い換えることができます。

よって、一体どのタイミングからその相手との交際がスタートしていたのか?といった点が、離婚においては非常に重要な問題となります。

とはいえ、それを立証するというのもなかなか困難であるため、場合によってはその交際自体を離婚原因とされてしまうこともあるのです。

自身が有責配偶者(離婚原因を作った者)とされてしまうと、離婚は非常に不利に進むことになってしまうため、交際スタートのタイミングについては気を配る必要があります。

また、交際のスタート時期については、なるべく立証できるように何かしらの資料(メールなどでも)を提出できるようにしておけば、いざというときも万全といえます。

離婚調停中に交際が判明すると不利になることも

ただし、調停中に他の相手との関係性が明らかになってしまうと、それがたとえ、婚姻関係破綻後からの交際であったとしても、決して調停委員や裁判官に対して好印象を与えることはないといえます。

「離婚成立前に次の相手を見つけるなんて不見識」と、取られてしまう可能性が十分にあるのです。

とはいえ、後ろめたい行為をしているわけではないため、隠す必要も当然ながらありません。

しかしながら、しっかりと離婚が成立するまでは節度ある交際を心がけていたほうが無難であるというのは間違いありません。

離婚調停にて、いらぬ嫌疑をかけられてしまっても、自身やその交際相手にとって良いものにはなりませんので、離婚が成立するまでは注意をするようにしましょう。

下手をすれば、その交際相手まで巻き込むことになりかねないため、あまりに目立ってしまう積極的な行動は控えたほうが吉といえます。

相手が調停中に離婚恋人ができた場合には

なお、自身ではなく、相手が離婚調停中に恋人ができた様子があるようでしたら、やはり交際スタートの時期についてはしっかりと確認しておく必要があるといえます。

実は、その相手との交際スタートが婚姻関係を破綻させるきっかけ、離婚調停を申し立てるきっかけとなっている可能性は十分にあるのです。

離婚時には、何事もできる限りは明らかにしたほうが良いです。

交際のタイミングによっては慰謝料や離婚原因にも繋がりかねない事情ですし、離婚後の生活に直結する問題となっていますので、可能な限り時期の特定をするように相手への要望を出すようにしましょう。

まだ弁護士費用が心配ですか?
  • 交通事故
  • 労働問題
  • 近隣問題
  • 遺産相続
  • 離婚問題
  • 男女問題
  • 詐欺被害
  • 傷害事故

弁護士費用が心配なら、弁護士費用保険。
トラブル時の弁護士費用を通算1000万円まで補償。

The following two tabs change content below.
永瀬 優(パラリーガル)

永瀬 優(パラリーガル)

1986年生まれ。高校卒業後、東洋大学法学部法律学科へと進学し、2011年からパラリーガルとして法律事務所に勤務開始。法律事務所という環境化での経験を活かし、債務整理や離婚、相続といった法律関連の文章を得意としている。 たくさんの人に法律を身近に感じてもらいたい、誰もが気軽に法律を知る機会を増やしたい、という思いから本業の合間を縫う形で執筆活動を開始した。 現在もパラリーガルを続ける中、ライティングオフィス「シーラカンストークス」に所属するwebライター。著書に「現役パラリーガルが教える!無料法律相談のすすめ。お金をかけず弁護士に相談する方法と良い弁護士・良い事務所の探し方。」がある。
この記事のURLとタイトルをコピーする

いいね!を押して更新情報を受け取る

ページ上部へ戻る