離婚調停で親族が代理人になっても良いのか

 

離婚調停で親族が代理人になっても良いのか離婚調停を申し立てる際、弁護士が代理人になってくれるというのはよく聞く話です。

しかし、当事者の親族が代理人になることはできるのでしょうか?

たとえば、妻が離婚調停を申し立てる際、妻の両親や兄弟に代理人になってもらうことはできるのでしょうか?

今回は、離婚調停で親族が代理人になってもよいのか、について詳しくご説明します。

親族が代理人になることは可能

結論から言えば、親族が離婚調停の代理人になることは可能です。

ただし、弁護士が代理人になる場合と違い、弁護士以外が代理人として調停手続きを行うには、事前に裁判所からの許可を得なければなりません。

この際、裁判所に提出するのが「代理人許可申請書」と呼ばれる書面です。

この代理人許可申請書は、当事者の親族に限らず提出自体は可能となっていますが、申請が認められるかどうかは裁判所次第で、確実に認められるわけではありません。

とはいえ、多くの場合で、兄弟姉妹や両親といった親族であれば認められる可能性は高くなっています。

必要があれば申請してみるのも良いでしょう。

調停は本人が出頭しなければ進展しない

上記のように、親族が代理人になることは可能ではありますが、調停は本人が出頭しなければ、原則として進展することはありません。

というのも、調停の本質は当事者である本人同士の話し合いであるため、代理人が話し合いに参加することは可能であっても、本人がその場にいないことには、決して結論が出されることはないのです。

どうしても本人が出頭できない場合、代理人の出頭のみでも調停が開かれることはありますが、進展はあまり見られないケースがほとんどです。

また、不出頭が何度も続くような場合、そのまま調停不成立とされてしまう可能性も十分にあるため注意が必要です。

調停は代理人任せにはできないが・・・

これは弁護士が代理人なっている場合も言えることですが、上記のことからも、調停は代理人任せにできる手続きではないということ。

これだけは必ず認識しておきましょう。

とはいえ、代理人の権限があれば、調停室に本人との同席が可能となっています。

本人と代理人以外は調停室に入ることすら許されていません。

隣に誰かが居てくれるだけで心の支えになってくれることは確かなので、代理人をお願いできる方がいるのであれば、代理人許可申請を利用してみるのも良い方法の1つです。

代理人はいるに越したことはない

また、調停という手続きは、精神的な負担が非常に多い手続きです。

原則として、夫婦は別席調停にて行われますが、相手の顔を見ないまでも相手からの意見は調停委員を通して伝わってくるため、精神的な支えになってくれる代理人はいるに越したことはありません。

親族に依頼できそうにない場合は、弁護士に代理人になってもらうのも良い方法の1つです。

また、弁護士であれば精神的な支えのみならず、法的な知識によるサポートも兼ね備えてくれるため、心強い助けになってくれることでしょう。


まだ弁護士費用が心配ですか?
  • 交通事故
  • 労働問題
  • 近隣問題
  • 遺産相続
  • 離婚問題
  • 男女問題
  • 詐欺被害
  • 傷害事故

弁護士費用が心配なら、弁護士費用保険。
トラブル時の弁護士費用を通算1000万円まで補償。


The following two tabs change content below.
永瀬 優(パラリーガル)

永瀬 優(パラリーガル)

1986年生まれ。高校卒業後、東洋大学法学部法律学科へと進学し、2011年からパラリーガルとして法律事務所に勤務開始。法律事務所という環境化での経験を活かし、債務整理や離婚、相続といった法律関連の文章を得意としている。 たくさんの人に法律を身近に感じてもらいたい、誰もが気軽に法律を知る機会を増やしたい、という思いから本業の合間を縫う形で執筆活動を開始した。 現在もパラリーガルを続ける中、ライティングオフィス「シーラカンストークス」に所属するwebライター。著書に「現役パラリーガルが教える!無料法律相談のすすめ。お金をかけず弁護士に相談する方法と良い弁護士・良い事務所の探し方。」がある。
この記事のURLとタイトルをコピーする

いいね!を押して更新情報を受け取る

ページ上部へ戻る