名誉毀損や誹謗中傷による慰謝料や謝罪を求める内容証明郵便とその反論の書き方 | 弁護士費用保険の教科書

法律・裁判・法的手続

名誉毀損や誹謗中傷による慰謝料や謝罪を求める内容証明郵便とその反論の書き方

この記事のURLとタイトルをコピーする

投稿日:



hiraga

この記事の執筆者

福谷 陽子(元弁護士)

名誉毀損や誹謗中傷による慰謝料や謝罪を求める内容証明郵便とその反論の書き方

ネットで誹謗中傷されたり人の集まっている場所で名誉毀損的な発言をされたりしたら、相手に「慰謝料」を請求できます。

その際「内容証明郵便」を使って慰謝料の請求書を送るケースが多数です。

反対に、名誉毀損などした覚えはないのに相手が勝手に被害を受けたと言いだして、慰謝料請求されるケースもあるでしょう。

そういった場合、やはり「内容証明郵便」を使って反論書を送付する必要があります。

ただ名誉毀損されて慰謝料請求するときにも、慰謝料請求を受けて反論するときにも、具体的に内容証明郵便に何を書けばよいか分からない方が多いのではないでしょうか?

以下では名誉毀損で慰謝料請求するときと反論書を書くときの内容証明郵便の書式と書き方をそれぞれご紹介していきます。

なお、名誉毀損の成立要件については、下記のページで解説しています。

名誉毀損で慰謝料請求するときの内容証明郵便の文例と書き方

名誉毀損の慰謝料請求をする内容証明郵便の文例

以下ではまず、ネットで誹謗中傷されたケースにおける名誉毀損の慰謝料請求書の文例を示します。

請求書
2019年〇月〇日
〒〇〇〇―〇〇〇〇
茨城県〇〇市〇〇番〇号
〇〇〇〇 殿

〒〇〇〇―〇〇〇〇
埼玉県〇〇市〇〇 〇番〇号
電話番号 090―〇〇〇〇―〇〇〇〇
〇〇〇〇  ○印

前略 私は貴殿に対し、以下の貴殿による私に対する名誉毀損行為にもとづく慰謝料請求をするため、本書を呈上いたします。
貴殿は2019年4月から6月頃にかけて、ハンドルネーム「〇〇〇〇」を使い、インターネットサイト「〇〇〇〇」において私を誹謗中傷する発言を繰り返されました。
たとえば2019年4月28日「あいつは過去に不倫していた」と書き込み、同年4月29日には「あいつの母親も不倫していたことが発覚した。あいつの男癖の悪いのは遺伝」などと書き込みました。
ネットサイトは誰でも閲覧できるので上記投稿は「公然と」行われたと言えますし、投稿内容は事実の摘示をして私の社会的評価を下げるものといえるので、貴殿の行為は「名誉毀損」に該当します。
貴殿による名誉毀損の発言により私は多大な精神的苦痛を被っており、発生した損害額は金300万円を下りません。
そこで私は本書をもって貴殿に対し、不法行為にもとづく損害賠償請求として金300万円の支払を求めます。本書到着後1週間以内に下記銀行口座へ入金する方法にて上記慰謝料をお支払い下さい。同時に謝罪広告の掲示も求めますので、本書到着後1週間以内に上記のサイトに私への謝罪の言葉を書き込み、上記の投稿が事実に反することを明確にしていただきたく存じます。
本書に対しご意見がある場合、上記期間内にご連絡いただけますようお願いいたします。
なお上記期間内にお支払いもご連絡もいただけない場合には、民事訴訟や強制執行、刑事告訴などのより厳正な手段を検討せざるを得ませんので、その旨申し添えます。

草々

〇〇銀行 〇〇支店 普通預金
口座番号 〇〇〇〇
口座名義人〇〇〇〇(ふりがな)

名誉毀損の慰謝料請求書の書き方

名誉毀損にもとづく慰謝料請求書を書くときには、以下のような手順で進めましょう。

①タイトルと日付を書く
まずは「請求書」というタイトルを書き、文書を作成した日付を入れましょう。

②相手と自分の住所、氏名、連絡先を書き押印する
相手の住所と氏名を書き入れます。

住所は必ず相手が受け取れる場所を指定しましょう。

そうでないと内容証明郵便がこちらに戻されてしまいます。

また自分の住所と連絡先、氏名も記入します。

電話番号は必須ではありませんが、相手が連絡しやすいように書いておいた方が良いでしょう。

自分の名前は署名でも記名(パソコンで作成)でもかまいませんが、必ず「押印」が必要です。

印鑑は認印でかまいません。

③名誉毀損行為の内容を書く
次に具体的な請求内容を書いていきます。

名誉毀損の請求書では、「具体的にどのような名誉毀損行為があったのか」指摘する必要があります。

日時、場所、名誉毀損行為の内容を細かく特定していきましょう。

上記の文例のケースはネット上で誹謗中傷された事例ですから、投稿が行われた日にち、投稿が行われたサイト名を特定し、投稿された内容を書いています。

④相手の行為によって名誉毀損が成立することを指摘する
相手の行為が「名誉毀損に該当する」ことを指摘する必要もあります。

公然と事実を摘示して投稿されたために自分の社会的評価が害され、名誉毀損が成立すると書きましょう。

⑤請求する慰謝料の金額を書く
慰謝料がいくら発生しているのかも書かねばなりません。

いくらの慰謝料を請求するかということです。

上記では例として300万円としました。

⑥慰謝料の支払期限を書く
慰謝料は支払い期限を設けて請求します。

上記では請求書の到着後1週間としましたが、10日や2週間としてもかまいません。

相手に意見がある場合には、同じ期間内に返答をするよう促しておきます。

このことで相手による無視を防ぎます。

⑦支払いが無い場合には民事訴訟や刑事告訴をすると書いてプレッシャーを与える
支払いや返答がないときには民事訴訟や刑事告訴をする可能性があることに言及しましょう。

これにより、相手にプレッシャーをかけて支払いを促すことが可能となります。

⑧謝罪広告
謝罪を求める場合には、謝罪広告の掲示や「投稿内容が事実と異なる」ことを周知させる文言の投稿などを求めましょう。

⑨銀行口座の表記も忘れない
銀行口座への振り込み送金を指示する場合、必ず銀行口座を忘れずに書きましょう。

そうでないといつまで待っても入金は行われません。

口座を表記するときには「銀行名」と「支店名」「預金の種類」「口座番号」「口座名義人」をもって特定します。

銀行名だけ書いて支店名を書かない方が多いのでご注意ください。

また口座名義人には必ず「ふりがな」が必要です。

入金するとき、ATMなどでは「かな」しか表記されませんし窓口の振込でも相手口座名義人の読み方を聞かれます。

ここまでできたら、名誉毀損にもとづく慰謝料の請求書が完成します。

名誉毀損で慰謝料請求されたときの反論書のひな形と書き方

名誉毀損をしていない(人違いだった)場合の反論書の例文

以下では、名誉毀損と言われたけれども「人違い」と主張する場合の反論書の文例をご紹介します。

回答書
2019年〇月〇日
〒〇〇〇―〇〇〇〇
埼玉県〇〇市〇〇番〇号
〇〇〇〇 殿

〒〇〇〇―〇〇〇〇
茨城県〇〇市〇〇 〇番〇号
〇〇〇〇 ○印

前略 貴殿から送付を受けました2019年〇月〇日付け「請求書」に対し、以下の通りご回答いたします。

貴殿は私が2019年4月から6月にかけてネット上に貴殿の過去の不倫の事実を示して誹謗中傷する内容の投稿を行ったと主張されていますが、事実に反します。
そもそも私はそのサイトにアクセスしたことがありませんし、貴殿の不倫について言及した事実もありません。おそらく当該書き込みは私とは別の人物が行ったものと考えられます。
貴殿はハンドルネームである「〇〇〇〇」が私の名前に似ていたことと、私が貴殿の不倫の事実を知っていたことから私が投稿者であると判断されたと思料いたしますが、その人物は私ではありません。投稿者は私に疑いを向けるため、あえて私の名を語ったものと考えられます。
よって貴殿の私に対する慰謝料請求には理由がなく、お支払いや謝罪広告の掲示に応じることは不可能ですので、ご理解いただけますと幸いです。
なお本件において貴殿が被った損害の賠償請求を進めるため、正式に発信者情報開示の手続きをおとりになって真実の投稿者を特定なさるのが良いのではないかと考えております。
よろしくお願い申し上げます。
草々

投稿は行ったけれど名誉毀損ではない場合の例文

次に、「投稿はしたけれども名誉毀損にならない」と主張する場合の反論書の文例もご紹介します。

回答書
2019年〇月〇日
〒〇〇〇―〇〇〇〇
埼玉県〇〇市〇〇番〇号
〇〇〇〇 殿

〒〇〇〇―〇〇〇〇
茨城県〇〇市〇〇 〇番〇号
電話番号080-〇〇〇〇―〇〇〇〇
〇〇〇〇 ○印

前略 貴殿から送付を受けました2019年〇月〇日付け「請求書」に対し、以下の通りご回答いたします。

貴殿は私が貴殿に対して2019年4月から6月にかけてネット上に誹謗中傷の投稿を行ったと主張されていますが、私が行った投稿内容は名誉毀損になりません。
私は「過去に不倫していた人を知っている」という書き込みはしましたが、それが貴殿のことだとは明示していません。また貴殿の母親が不倫しており、男癖の悪いのが遺伝するとも書いておりません。
そもそも私は投稿において貴殿を特定していませんし、母親について言及したのは、本人が実家に住んでいるのでご両親が本人の行動に注意を払った方が良いのではないか、という趣旨であり、何ら貴殿の社会的評価を下げる要素はありません。
よって私の書き込んだ内容は名誉毀損にならず、貴殿の私に対する慰謝料請求には理由がありません。つきましてはご請求通りのお支払いや謝罪広告の掲示に応じることは不可能ですので、ご理解ください。
どうぞ、よろしくお願い申し上げます。
草々

名誉毀損は認めるけれども慰謝料が過大なので減額を求める場合の例文

さらに名誉毀損であることは認めるけれど、慰謝料の減額を求める場合の文例をご紹介します。

回答書
2019年〇月〇日
〒〇〇〇―〇〇〇〇
埼玉県〇〇市〇〇番〇号
〇〇〇〇 殿

〒〇〇〇―〇〇〇〇
茨城県〇〇市〇〇 〇番〇号
電話番号080-〇〇〇〇―〇〇〇〇
〇〇〇〇 ○印

前略 貴殿から送付を受けました2019年〇月〇日付け「請求書」に対し、以下の通りご回答いたします。

貴殿は私が貴殿に対して2019年4月から6月にかけてネット上に誹謗中傷の投稿を行ったと主張されています。
確かに私は貴殿がご指摘されるとおりの投稿を行いましたし、一部不適切な表現があったと考えております。これにつきましては深く反省しており、本書を持ちましても謝罪いたします。
ただそうだとしても貴殿ご請求額である300万円は過大と考えております。貴殿も私も一般の個人であり、書き込みを行ったサイトも個人ブログであって社会的影響は大きくはありません。
裁判例などをみましてもこうした事例では賠償金額が多額になるケースはほとんどみられません。
加えて私自身、現在アルバイトとして月収10万円程度で生活しており貯蓄もなく、まとまったお金をお支払いすることは不可能です。そこで慰謝料をお支払いするとしても30万円が限度であり、その程度が相当額と思料しております。
謝罪広告については既に対応いたしましたので、サイトを御確認下さい。
よろしくご検討のほど、お願い申し上げます。
草々

慰謝料請求に対する反論書の書き方

慰謝料請求に対する反論書は、次のように書いていきましょう。

①タイトルと日付を書く
反論書の場合にも請求書と同様、文書のタイトルと作成日付を書きます。

タイトルとしては「回答書」や「ご回答」としておくと良いでしょう。

②相手と自分の住所、氏名、連絡先を書く
次に相手(請求者)の住所と氏名を書きます。

そして差出人であるあなたの住所、氏名、連絡先を書きましょう。

電話番号を開示したくない場合には書かなくてもかまいません。

③反論の具体的な内容を記載する
次に、反論の具体的な内容を記載していきます。

名誉毀損にもとづく慰謝料請求への反論内容はケースによってさまざまですので、状況に応じた内容にします。

たとえば2-1.の文例では、「そもそも自分が問題の投稿をしていないケース」いわゆる人違いの例です。

自分が投稿をしていないことと、投稿していない以上名誉毀損にはならないことを指摘しています。

一方2-2.の文例は、「投稿はしたけれどもその内容が名誉毀損ではない」という主張です。

反論内容もそういった記載となっており、名誉毀損にならない以上慰謝料も発生しないという結論になっています。

一方2-3.の文例のように「名誉毀損には該当するけれども請求金額が過大なので減額を求めるケース」では、「なぜ金額が過大といえるのか」を明確に指摘する必要があります。

文例では、投稿によって相手に与えた影響が大きくないこと、当事者双方が個人であること、新聞やテレビなどの大きなメディアではなくネットの1サイトへの投稿に過ぎないことなどを書いています。

お金がなくて支払えない場合にはそういった記載もしておくと、減額に応じさせやすくなります。

④「慰謝料は支払えない」と明示する
慰謝料の支払いを拒絶する場合、結論として「慰謝料は支払えない」と明示することが大切です。

反論だけ書かれていても結論がなかったら、相手は「慰謝料を払うつもりがあるのかないのか」わからないからです。

「反論はしているけれど支払うつもりがあるのか?」などと思われる可能性が発生します。

⑤減額を求める場合、いくらなら支払えるのかを明示する
一方③の文例のように慰謝料の減額を求める場合には、具体的に「いくらまでなら払えるのか」金額を明示すべきです。

ここで「過大なので支払いができません」とだけ書いてしまったら、相手は「一切支払う気がないのだ」と理解して訴訟を起こしてくるかも知れません。

自分に支払いができる金額を提示して相手に検討を求めましょう。

以上が名誉毀損で慰謝料請求するときの請求書と慰謝料請求されたときの反論書の書き方です。

名誉毀損の事例はさまざまですから、現実には事実に即して個別に対応する必要があります。

上記の考え方を参考にして、一度は自分で作成してみましょう。

できあがったものに自信がない場合や素人判断による余計なリスクを抑えて確実に手続きを進めたい場合には、法律の専門家である弁護士に相談してアドバイスを受けることをお勧めします。

名誉毀損に関する関連記事

【図解】名誉毀損と侮辱罪の要件の違いと慰謝料の相場

この記事の監修者藤井 寿(弁護士・公認会計士)>>プロフィール詳細人に対して誹謗中傷する発言や侮辱的な発言をした場合、名誉毀損罪や侮辱罪が成立する可能性があります。 これらはどちらも「相手に対して悪口 ...

内容証明に関する関連記事

内容証明郵便を弁護士に任せた場合の費用と自分で出す場合の手順

この記事の執筆者島野 由夏里(弁護士)>>プロフィール詳細 トラブルに巻き込まれた場合は、内容証明郵便を使うとよいという話を耳にしたことがある方は、少なくないと思います。 ただ、実際にどうやって作成す ...

内容証明を無視する男性
内容証明を無視したら・無視されたらどうなるのか

この記事の執筆者川島 浩(弁護士)>>プロフィール詳細 ある日突然、内容証明郵便が届いた場合、どうしたらよいのでしょうか? 内容証明を受け取っても、無視してもよいのでしょうか?無視した場合はどうなるの ...

内容証明を受け取り拒否された時の対処法

内容証明を送った相手方が受け取りを拒否した場合、どうしたらよいのでしょうか?受け取りを強制することはできるのでしょうか? 受け取りを拒否をした相手方は「そのような手紙は知らない」と言い逃れをすることは ...

内容証明のテンプレート
内容証明郵便の書き方とルール

この記事の監修者藤井 寿(弁護士・公認会計士)>>プロフィール詳細 内容証明郵便はトラブルの予防や解決にとても有効な手段となることがあります。 われわれ弁護士も、相談者のトラブルの予防や解決のために動 ...

電子内容証明郵便(e内容証明)の書式とメリット・デメリット
【テンプレあり】電子内容証明郵便(e内容証明)の書式とメリット・デメリット

この記事の執筆者福谷 陽子(元弁護士)>>プロフィール詳細こんな疑問にお答えします ・電子内容証明郵便と普通の内容証明郵便は何が違うの? ・電子内容証明郵便を利用するメリットは? ・電子内容証明郵便の ...

ケース別内容証明のテンプレート集

・不倫・浮気相手への慰謝料請求→こちら
・借金返済→こちら
・未払い給料の請求→こちら
・未払い分の養育費の請求→こちら
・クーリングオフ通知書→こちら
・オークション詐欺→こちら
・時効援用の通知→こちら
・婚姻費用分担請求→こちら
・交通事故による損害賠償請求→こちら

弁護士費用や訴訟費用に関する関連記事

弁護士費用や裁判費用を相手に請求できる(負担させる)ケースとは?

この記事の執筆者福谷 陽子(元弁護士)>>プロフィール詳細こんな疑問にお答えします ・弁護士費用はどのぐらいかかるの? ・裁判で弁護士費用を相手に請求できる時はどんな時? ・弁護士費用を全額請求できる ...

弁護士費用の相場と着手金が高額になる理由

この記事の執筆者木下慎也(弁護士)>>プロフィール詳細 「弁護士は客から高い報酬を貰って儲けすぎ」というイメージを持たれている方が多いと思います。 一方で弁護士にとっては一定の報酬を貰わないと弁護士事 ...

まだ弁護士費用が心配ですか?
離婚・男女トラブル、労働トラブル、
近隣トラブル、相続トラブル、詐欺被害など、
トラブル時の弁護士費用を通算1000万円まで補償。
The following two tabs change content below.
福谷 陽子(元弁護士)

福谷 陽子(元弁護士)

京都大学法学部卒。在学中に司法試験に合格し、2004年に弁護士登録。その後、弁護士として勤務し、2007年、陽花法律事務所を設立。女性の視点から丁寧で柔軟なきめ細かい対応を得意とし、離婚トラブル・交通事故・遺産相続・借金問題など様々な案件を経験。2013年、体調の関係で事務所を一旦閉鎖。現在は10年間の弁護士の経験を活かしライターとして活動。猫が大好きで、猫に関する記事の執筆も行っている。
この記事のURLとタイトルをコピーする

-法律・裁判・法的手続

Copyright© 弁護士費用保険の教科書 , 2019 All Rights Reserved.