【内容証明の書き方】クーリングオフ通知書

hiraga

この記事の執筆者

福谷 陽子(元弁護士)

クーリングオフ通知書を内容証明で送る時の書き方
商品やサービスの契約をしてしまったけれど、よく考えてみたら「やっぱり要らない」というケースがあります。

そのような場合には、早期に「クーリングオフ通知」を送ることによって、契約を無条件に取り消すことができることがあります。

クーリングオフには期限がありますので、確実に期限内に通知を送ったことを明らかにするためには、「内容証明郵便」を使って通知書を送らなければなりません。

ただ、具体的にどのような内容を記載して良いのかわからない、という方もたくさんいらっしゃるでしょう。

今回は、クーリングオフ通知書を内容証明郵便で送るときの書き方を、テンプレートとともにご紹介します。

なお、内容証明の細かいルールは「内容証明郵便の書き方とルール」にてご確認下さい。

こんな疑問にお答えします

Q.クーリングオフを求める内容証明の作成で意識すべき点はありますか?

A.クーリングオフで解約をするためには、書面で解約通知を行う必要があります。口頭でクーリングオフをしても、相手が後になって「聞いていない」と言ったら、期間内にクーリングオフをしたことを証明できなくなる可能性が高いからです。そのため、クーリングオフ通知は、クーリングオフ期間中に解約通知書を発送したことも証明する必要があります。
本記事では、内容証明のテンプレートを紹介しています。参考にしてみてください。

「弁護士保険ミカタ」1日たったの98円で高額な弁護士費用を補償

クーリングオフによる内容証明に記入すべき内容

クーリングオフによる内容証明郵便に記入する内容は、以下のとおりです。

  • 販売会社の名称、所在地
  • 販売会社の代表者
  • 日付
  • 記入者の氏名、住所(クーリングオフを行う人を指します)
  • 書面のタイトル(クーリングオフの場合は通知書と記入する)
  • 契約日
  • 契約したサービス・商品名
  • 契約金額
  • 契約したサービス・商品の個数
  • クーリングオフをする旨
  • 銀行口座

書式は、字数や行数が守られていれば問題ありません。
郵便局で販売するフォーマットを購入して記入してもよいでしょう。

内容証明郵便の用紙や書き方のルールに関しては、こちらの記事を参考にしてみてください。

関連記事

内容証明のテンプレート
内容証明郵便の書き方と出し方のルール【文例テンプレート付き】

内容証明郵便は、明確な証拠を残したい場合など、トラブルの予防や解決において、とても有効な手段となることがあります。 われわれ弁護士も、相談者のトラブルの予防や解決のために動き出す時、内容証明郵便の作成から始めることが多い …

クーリングオフによる契約解除を求める場合の内容証明の書き方

では、クーリングオフによる契約解除を求める場合の内容証明のテンプレートをご紹介します。

文例・テンプレート①(まだ、支払っていない場合)

クーリングオフ通知書
前略 私は貴社との間で、平成〇〇年〇〇月〇〇日、〇〇(商品名、サービス名)を〇〇円にて購入する契約(以下「本件契約」と言います。)をしましたが、このたび、本書面をもって本件契約を解除いたしますので、その旨ご通知いたします。  草々

文例・テンプレート②(すでに支払をしていて、返金を求める場合)

クーリングオフ通知書
前略 私は、平成〇〇年〇月〇〇日において、貴社から〇〇(商品名、サービス名)を○○円にて購入する契約(以下「本件契約」と言います)をし、平成〇〇年〇月〇〇日、金〇〇円をお支払いしましたが、このたび、本書面をもって本件契約を解除いたします。
つきましては、私が貴社に支払い済みの金○○円を、本書到着後1週間以内に、下記の私名義の銀行口座宛振込送金する方法にてご返還されますよう、ご請求します。   草々○○銀行○○支店
口座の種類 普通預金
口座番号 ○○○○○
口座名義人 ○○○○○○
ふりがな ○○○○○○以上

クーリングオフを求める内容証明を作る際のポイント

商品やサービスを購入した場合、クーリングオフが適用されることがあります。

クーリングオフとは、無条件解除のことです。

無条件ですから、特に理由は要りません。

クーリングオフができる場合は、訪問販売や電話勧誘販売、継続的な役務(サービス)提供のケース、マルチ商法、キャッチセールスやアポイントメントセールスなどの場合です。

多くの場合、クーリングオフの期間は法定書面の交付後8日ですが、契約によっては、より長い期間が設けられている場合もあります。

法定書面の交付を受けていない場合には、いつまででもクーリングオフができます。

クーリングオフは、大半が契約後8日以内とされていますが、法定書面を交付されていない場合、その後いつまででもクーリングオフすることができるのです。

たとえば、3か月後や半年後でもクーリングオフできます。

法定書面を交付されていない可能性があるならば、契約後日数が経過していたとしても、諦める必要はありません。

クーリングオフで解約をするためには、書面で解約通知を行う必要があります。

口頭でクーリングオフをしても、相手が後になって「聞いていない」と言ったら、期間内にクーリングオフをしたことを証明できなくなる可能性が高いからです。

そして、クーリングオフ通知は、クーリングオフ期間中に解約通知書を発送したことも証明する必要があります。

そこで、普通郵便ではなく、必ず確定日付の入る内容証明郵便によって通知書を送らなければなりません。

さらに、相手に送達されたことも証明できる方が望ましいので、配達証明サービスもつけておきましょう。

クーリングオフ通知書内には、契約日と契約内容(商品名やサービス名など)を記載して、契約を特定することが重要です。

また、契約を解除すること自体を記載する必要がありますが、無条件解除なので解除の理由の記載は不要です。

法定書面の交付を受けていないので、契約後相当な期間が経過しているけれどもクーリングオフするケースでは、そのこと(法定書面の交付が無かったこと)も記載しておきましょう。

まとめ

今回は、クーリングオフ通知をするときの内容証明郵便の書き方とテンプレートをご紹介しました。

クーリングオフをすると、不要な契約による支払いをしなくて良くなりますし、悪質な業者に引っかかってしまった場合などにも有効です。

期間の定めがありますが、法定書面の交付を受けるまでは期間が進行しないので、契約後相当な時間が経過していても、クーリングオフできる可能性があります。

せっかく通知書を送っても、書き方が間違っていたら解約の効果を得られない可能性もあるので、今回ご紹介した内容を参考に、正確に有効な通知書を作成しましょう。

ただ、クーリングオフによる内容証明郵便を作成する際に、書類の記入ミスがあると解約手続きが遅れてしまう可能性もあります。

不安がある場合は、内容証明の作成を弁護士に一任してもいいでしょう。

弁護士に依頼することで、弁護士名義で内容証明を作成してくれます。弁護士名義の方が、相手方にプレッシャーを与えることが可能なので、クーリングオフがスムーズに進む可能性があります。

ただ、弁護士への依頼といっても、どこに相談したらよいのか分からないといった方もいるでしょう。

それぞれの窓口の特徴や利用方法については、こちらの記事を参考にしてみてください。

関連記事

弁護士の無料相談のおすすめの窓口は?対応できる範囲や事前準備を解説!

離婚や相続、労働問題や交通事故など、トラブルに巻き込まれることは少なくありません。 そんなときにおすすめなのが、弁護士への無料相談です。 弁護士へ無料相談することで、トラブルの全体的な見通しや解決策のアドバイスを受けられ …

弁護士費用の負担が気になる方は、弁護士保険の利用がおすすめです。

弁護士保険なら11年連続No.1、『弁護士保険ミカタ』

弁護士保険なら、ミカタ少額保険株式会社が提供している弁護士保険ミカタがおすすめです。

単独型弁護士保険としての保有契約数は11年連続No.1月々2,980円〜の保険料で、通算1000万円まで弁護士費用の補償が受けられます。

法律トラブルは勝っても負けてもお金がかかります。裁判に勝ってお金を回収できても、弁護士費用を差し引いたら何十万円の赤字・・・ということも。

正当な権利を主張できず泣き寝入りする人をなくしたい。そんな想いのもと、日本で初めて誕生した弁護士保険が「ミカタ」です。

>>弁護士保険ミカタの詳細はこちらから

また、法人・個人事業主の方には、法人・個人事業主向けの弁護士保険がおすすめです。

経営者・個人事業主には『事業者のミカタ』がおすすめ!

『事業者のミカタ』は、ミカタ少額保険株式会社が提供する、事業者の方が法的トラブルに遭遇した際の弁護士費用を補償する保険です。

個人事業主や中小企業は大手企業と違い、顧問弁護士がいないことがほとんど。法的トラブルや理不尽な問題が起きたとしても、弁護士に相談しにくい状況です。いざ相談したいと思っても、その分野に詳しく信頼できる弁護士を探すのにも大きな時間と労力を要します。

そんな時、事業者のミカタなら、1日155円~の保険料で、弁護士を味方にできます!

月々5,000円代からの選べるプランで、法律相談から、事件解決へ向けて弁護士へ事務処理を依頼する際の費用までを補償することが可能です。

>>事業者のミカタの詳細はこちらから

今回の記事を参考にして、上手に弁護士保険を利用しましょう。

弁護士保険の内容を知りたい方は、こちらの記事もおすすめです。

関連記事

【2024年最新】弁護士保険の人気4社を徹底比較!補償内容や保険料、注意点を詳しく

「弁護士保険はいろいろあるけれど、何を基準に比較したらいいのか分からない」 弁護士保険に加入しようとしている方は、どこの保険会社を選んだらいいのか悩む方もいるでしょう。 本記事では、弁護士保険の人気4社の補償内容や保険料 …

記事を振り返ってのQ&A

Q.クーリングオフを求める内容証明には何を記載すればいいですか?
A.クーリングオフによる内容証明郵便に記入する内容は、以下のとおりです。

  • 販売会社の名称、所在地
  • 販売会社の代表者
  • 日付
  • 記入者の氏名、住所(クーリングオフを行う人を指します)
  • 書面のタイトル(クーリングオフの場合は通知書と記入する)
  • 契約日
  • 契約したサービス・商品名
  • 契約金額
  • 契約したサービス・商品の個数
  • クーリングオフをする旨
  • 銀行口座

Q.クーリングオフを求める内容証明を作る際、意識すべき点はありますか?
A.クーリングオフで解約をするためには、書面で解約通知を行う必要があります。口頭でクーリングオフをしても、相手が後になって「聞いていない」と言ったら、期間内にクーリングオフをしたことを証明できなくなる可能性が高いからです。そのため、クーリングオフ通知は、クーリングオフ期間中に解約通知書を発送したことも証明する必要があります。

内容証明に関する関連記事

【弁護士に任せる?自分でできる?】内容証明郵便の出し方と費用

契約の取り消し、金銭の請求などの、自分の意思を伝えたことを証明したいとき。または、パワハラセクハラ、配偶者の不貞行為などの、被害事実を主張したことを証明したいとき。このようなトラブルに巻き込まれた場合は、内容証明郵便を使 …


内容証明を無視する男性
内容証明を無視したら?されたら?内容証明の効力・効果を弁護士が解説!

ある日突然、内容証明郵便が届いた場合、どうしたら良いのでしょうか? 内容証明は、無視しても良いものなのでしょうか?もし無視した場合、どうなるのでしょうか? 今回の記事では、「内容証明を無視したらどうなるのか」について、内 …


内容証明を受け取り拒否されたら?受け取らない相手への対策方法を紹介!

内容証明は、書留郵便(※)で郵送されますが、送った相手方が受け取りを拒否した場合、どうしたらよいのでしょうか?受け取りを強制することはできるのでしょうか? 今回は、内容証明を受け取り拒否された場合の法的効果や対策法につい …


内容証明のテンプレート
内容証明郵便の書き方と出し方のルール【文例テンプレート付き】

内容証明郵便は、明確な証拠を残したい場合など、トラブルの予防や解決において、とても有効な手段となることがあります。 われわれ弁護士も、相談者のトラブルの予防や解決のために動き出す時、内容証明郵便の作成から始めることが多い …


電子内容証明郵便(e内容証明)の書式とメリット・デメリット
【テンプレート付き】電子内容証明郵便(e内容証明)の書式とメリット・デメリット

紛争の相手方に対して請求書を送ったり、時効援用通知や遺留分減殺請求書を送ったりするとき「内容証明郵便」が非常に役立ちます。 中でも「電子内容証明郵便(e内容証明)」を利用すると、わざわざ郵便局に行かなくて済みますし、厳格 …

ケース別内容証明のテンプレート集

・不倫・浮気相手への慰謝料請求→こちら
・借金返済→こちら
・未払い給料の請求→こちら
・未払い分の養育費の請求→こちら
・クーリングオフ通知書→こちら
・オークション詐欺→こちら
・時効援用の通知→こちら
・婚姻費用分担請求→こちら
・交通事故による損害賠償請求→こちら

弁護士費用や訴訟費用に関する関連記事

民事訴訟費用(弁護士費用)や裁判費用を相手に請求できるケースとは?

普通に日常生活を送っていても、法的なトラブルに巻き込まれることは多いです。 たとえば貸したお金を返してもらえない場合、賃貸住宅を人に貸している場合に賃借人が家賃を払ってくれない場合、離婚トラブル、交通事故など、さまざまな …


弁護士費用の相場が知りたい!相談費用・着手金・成功報酬など詳しく紹介

  弁護士に対して、「客から高い報酬を貰って儲けすぎ」というイメージを持たれている方は、多いのではないでしょうか? しかし弁護士は弁護士で、一定の報酬を貰わないと弁護士事務所が経営できないという切実な事情も存在 …